The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
金森穣(KANAMORI, Jo)
1974年生まれ。幼少より父の金森勢に学び、牧阿佐美バレエ団に所属していた時に才能を認められ、92年からモーリス・ベジャールが設立したルードラ・ベジャール・ローザンヌに日本人としてはじめて留学。以来、ネザーランド・ダンス・シアターなどヨーロッパを拠点に活動。2002年に帰国し、翌2003年、初の自主プロデュース作品「ノマディック・プロジェクト」で、朝日舞台芸術賞の舞台芸術賞、キリンダンスサポートをダブル受賞。2004年から新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督。
http://www.jokanamori.com/


初演:2004年6月
若手建築家田根剛、音楽家平本正宏などとコラボレートした作品。タイトルの「SHIKAKU」は、同音異義語で「四角」「視角」「死角」「詩客」「詞客」「刺客」「資格」「詩格」「視覚」「始覚」などの多様な意味がある日本語。白い壁で仕切られた4つの部屋のようなセットを往来しながら踊るダンサーたちを、観客は自由に歩き回りながら見るという実験的な作品。暗転している間にセットが天井に吊り上げられると、何もないフラットな空間が出現するなど空間的な造形にも優れている。「SHIKAKU」という言葉のさまざまなあり様を、10名のダンサーたちが休むことなく踊り続けることによって発信する。
view clip "SHIKAKU"


©新潟市民芸術文化会館
Artist Interview
2004.12.6
Art Director Jo Kanamori (29)talks about the future of Japan's first public dance company  
 
金森穣は、今、日本で最も注目されているダンサー・振付家である。日本でクラシックバレエを学び、17歳でヨーロッパにわたってコンテンポラリーダンスと出会い、才能を開花させた。帰国早々に朝日舞台芸術賞を受賞するなど、欧州ダンス界第一線のプロの厳しさを持つダンサー兼振付家として、日本のコンテンポラリーダンス界の中で一線を画した存在となっている。特に、新潟市から芸術監督就任を乞われ、2004年に自らの提案で本格的な公立コンテンポラリーダンスカンパニーを設立したことで、日本の舞台芸術界から大きな期待を集めている。
9月1日。「black ice」の稽古中に新潟市民芸術文化会館を訪れ、金森穣にインタビューを行なった。
(聞き手:塩谷陽子)



──なぜ、日本に帰国したのか?
ダンサーとしてカンパニーに属してやっていくことにちょっと行き詰まりを感じていた。自分でことを起こさなければ何も始まらないという不自由さと、自分で選択できるという自由さを味わってみたくてフリーになった。振付はカンパニーに属していた時もやっていたが、受けられない仕事や、受けても時間が限られることもある。そういうシステムの中でネガティブになっていく自分がいたので、これはちょっとよくないと思った。
日本人なので、一度、日本でやってみようと。すぐにいろいろな仕事をさせてもらったが、ヨーロッパと日本ではお客さんの見方の意識が違っていて戸惑った。バレエにしてもアートとして見に行っているのではなく、有名な人が出ているという興味で見ている人が多い。それはそれで、自分なりの自信と経験を踏まえて良いものは良い、というふうに見せたいとは思ったが、自分の踊りの評価のされ方に対してギャップを感じていた。そういう状況の時に、新潟から誘っていただいた。

──新潟の公立カンパニーとしての抱負は?
Noismというダンスのカンパニーが新潟にいて、新潟で作品をつくって、新潟から発信していることを、一人でも多くの市民に喜んでもらえるように努力していきたい。東京はマーケットなので、そこで評価されれば可能性は広がるが、そのことが新潟での立場を楽にしてくれるわけではない。市民に作品を届けるために必要なことはいろいろとやっていきたい。

──地元市民に受け入れられたからといって、その作品がそのまま海外で通用するとは限らないのでは?
東京やヨーロッパのようなダンスの先進地で自分の信じる表現(ダンス)を見せていくことに対する自信は当然ある。挫折はあるかもしれないが、そこは創作する以上は必ず通らなければならない道だし、乗り越える自信もある。逆に、新潟を忘れてはいけない、ということを自分に言いきかせている。

──とりあえず3年間の契約になっているが、芸術監督としてマネージメントにはどのぐらい関わるのか?
Noismの公演は年2回を予定している。Noism 以外のダンスプログラムについても責任をもつが、予算に限りがあるのでなかなか難しいと思う。
自分にとってスタジオで作品をつくっている時間はかけがえのない、一番幸せな時間だ。しかし、それを得るためにはスタジオ外でしなければならないことがたくさんある。芸術監督になると決めた時に、ただ作品をつくるだけではなく、そうした仕事もやる認識でいることは新潟にも伝えた。前例のない公立カンパニーを立ち上げた限り、コミュニケーションをとらなければならないことも多いし、覚悟はしている。そうした仕組みをつくるのに3年ぐらいはかかるのではないか。

──日本人との仕事について。
日本に来て一番変わったのは、日本語が使えるようになったこと。母国語が使えることで、自分が意識していることを言葉にできるようになった。実際に振り付けていく上でも、自分が何を伝えたいのか考えるのに明確に頭が働くし、作品についても言語化することでより掘り下げていくことができるようになった。それに対して、ヨーロッパにいた時は、英語もちゃんと勉強したわけではなくてイメージで覚えていたから、作品もあくまでイメージの世界だった。
振付けは自分と向き合うことだから、一旦、日本語で考えるようになった自分がいる限り、これからは誰とやるとしても、日本語で作品をつくることは変わらないと思う。だからといって日本人のアイデンティティについてアイデアとして強く意識しているわけではない。あくまでDNAレベルのことだと思っている。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP