The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
井上ひさし
井上ひさし(Hisashi Inoue)
作家・劇作家。1934年山形県東置賜郡川西町(旧小松町)生まれ。上智大学外国語学部フランス語科卒業。在学中から、東京・浅草のストリップ劇場「フランス座」の文芸部兼進行係となり、台本を書きはじめる。放送作家として64年からNHKの連続人形劇『ひょっこりひょうたん島』の台本を共同執筆。現代的センスによる笑いと風刺で多くの人々に愛された。69年、劇団テアトル・エコーに書き下ろした『日本人のへそ』で演劇界にデビュー。72年、江戸戯作者群像を軽妙なタッチで描いた『手鎖心中』で直木賞を受賞。同年、『道元の冒険』で岸田戯曲賞および芸術選奨新人賞受賞。戯曲『しみじみ日本・乃木大将』『小林一茶』で紀伊國屋演劇賞と読売文学賞(戯曲部門)を受賞。84年に自身の作品を上演する「こまつ座」を旗揚げし、『頭痛肩こり樋口一葉』『きらめく星座』『闇に咲く花』『雪やこんこん』『人間合格』『黙阿彌オペラ』『連鎖街のひとびと』『兄おとうと』ほか、多くの戯曲を書き下ろして上演。戯曲、小説、エッセイなど勢力的かつ多才な活動を続けている。87年には、蔵書を生まれ故郷の川西町に寄贈し、図書館「遅筆堂文庫」を開館。戯曲『化粧』『藪原検校』『父と暮せば』などは海外公演でも高い評価を得ている。

井上ひさし作品翻訳リスト
『翻訳書名』(発行元・掲載媒体/訳者)


●『父と暮せば』
英語版:
『Living with My Dad』(ユキ・サトウ)
『Face of Jizo』
(こまつ座/ロジャー・パルバース)
フランス語版
『Auatre jours avec mon pere』
(ミナコ・ツルタ)
ロシア語版『Жизнъ с отцом』
(米原万里)
ドイツ語版『Die Tage mit Vater』
(井上事務所・こまつ座/イゾルデ・浅井)
イタリア語版『MIO PADRE』
(井上事務所・こまつ座/フランコ・ジェルヴァジオ、青山愛)
中国語『和爸爸在一起』
(井上事務所・こまつ座/李錦埼)
スペイン語版(下川絹)
アラビア語版(ワリード・イブラヒム)
●『化粧』
英語版:
『Make Up』(米Plays, Feb 1993号掲載/Vernon Gudgon and Masaru Hotta)
『Yoko in Grease pat』(Masaru Hotta)
フランス語版『MAQUILLAGES』
(L. Harmattany)
スペイン語版『POLVOS』
(Ancerica Espinoza Stransky & Serigio Mondragon Rueda)
●『藪原検校』
英語版:
『The Great Doctor Yabuhara』
(「地人会」上演用字幕)
『Yabuhara, the Blind Maser Minstrel』
(紀伊國屋書店/Marguerite Wells)
●『わが友フロイス』
英語版『My Friend Frois』
(2007年12月こまつ座より刊行予定/ロジャー・パルバース)
●『モッキンポット師の後始末』
英語版
『The Fortunes of Father Mockinpot』
(ロジャー・パルバース)
●『ブンとフン』
英語版『Boon & Phoon』
(ロジャー・パルバース)
韓国語版あり
●『マンザナ、わが町』
英語版『MANZANA: My Town』
(創栄出版/BOTHKASK他)
●『イサムよりよろしく』
英語版『Isamu Sends His Regards』
(Charles Fox)
●『黄色い鼠』
英語版『Yellow Rats』(寿美ソロモン)
●『浅草鳥越あづま床』
アラビア語版あり(ワリード・イブラヒム)
●『十二人の手紙』
フランス語版あり
●『頭痛肩こり樋口一葉』
韓国語版あり
●『太鼓たたいて笛ふいて』
韓国語版翻訳中(日韓交流センター)
pdf
an overview
Artist Interview
2007.11.7
play
Playwright Hisashi Inoue puts a prayer for peace in his play Chichi to Kuraseba (The Face of Jizo), now translated into eight languages  
世界8カ国語に翻訳された『父と暮せば』に込める国民作家・井上ひさしの平和への祈り  
「日本語」に対する深い愛情とその博識により、笑いと日本語の醍醐味を伝える数々のヒット作を発表し、長年にわたり演劇界および文学界を牽引してきた作家・井上ひさし。「ヒロシマへの原爆投下」をテーマにした傑作の一つ『父と暮せば』は、英語、イタリア語、中国語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語に翻訳され、世界各国に住む日本人の手によってリーディングや上演が行なわれている。戦後の広島を舞台に、被爆生存者の主人公の恋を通して井上ひさしが私たちに訴えかけたかったものとは? まるで演劇の一場面を描写するかのようなたとえ話を交えながら、世界平和から日本人論、劇場論にまで及んだ最新のメッセージ。
(聞き手:岡野宏文)



──『父と暮せば』の英語版が、10月23日から11月10日までイギリスで上演されました。今夏には中国語訳も完成しました。この作品は、被爆者として生き残ってしまった負い目を抱えて恋もできない娘を、あの世から甦った父が応援するという物語で、全編、流暢な広島弁で描かれています。はじめに、今回のイギリス公演にあたってのメッセージをお願いします。
 原爆を扱っている『父と暮せば』が、核保有国の言葉にも翻訳されたことに大きな意義を感じます。保有国の中には上演が困難な国もありますが、とりあえずその国の言葉になったことは一歩も二歩も前進だと思います。
 日本は今のところ世界で唯一の被爆国です。言葉を変えれば、未来の戦争を体験している唯一の国です。が、被爆国がこれから増えないという約束はどこにもない。今、地球の上には大きな核爆弾がぶら下がっている状態で、「もしかしたら未来の自分は核を体験することになるかもしれない……」という思いは残念ながら世界中の人にあります。決して被害者としての立場を強調したいわけではなく、大きな核爆弾がぶら下がっているこの状態をどうしたらいいのかをともに考えたい。
 核兵器というのは、普通の兵器以上の兵器です。普通の爆弾だったら、そのとき逃げ延びれば終わりでしょう。でも核は違います。数日後、数週間後、数ヶ月後、数年後……その影響はいつ出るか判らないし、子孫にまで及ぶかもしれない。これは人間の造った兵器の中で最悪のものです。人間の“悪意”のすべてがこめられていると言ってもいい。核兵器の存在自体が人間の精神にマイナスの強い影響を与えるものなのです。そのことを知って欲しいし、自分たちは今どういう環境を生きているのか、今後どんな地球を創りたいのか、ともに考えられればと思っています。
 それと、この『父と暮せば』の海外でのリーディングや公演は、その国に在住している日本人の方の尽力で実現しているものです。日本を離れて外国で暮している人たちの方が、日本が被爆国であること、そして、武力による国際紛争の解決を放棄した「憲法第九条」を持っていることの、真の貴重さに気付いているのかもしれません。

──被爆国であることと第九条は、世界に対して発信できる大きな財産なのに、当の日本人にはあまり自覚がない。
 たとえば、第九条ですが、南極が国境も軍事基地もない平和大陸になったのは、第九条の精神を活かした「南極条約」が締結されたからです。「密かに基地を造るのでは……」とお互いを牽制して立ち往生していた各国に対して、日本が戦後はじめての国際協力として仲介し、「南極は誰のものでもない、軍事利用はしないで科学観測をする」という条約をつくりました。この南極条約がモデルになって、「ラテンアメリカ非核化条約」や「南太平洋非核地帯条約」が結ばれるなど、現在は南半球のほとんどが非核地域になっています。それに、宇宙空間も海底も、それぞれ国際条約で非核地帯になっています。
 このように、第九条があるということは日本が世界に誇るべきことのひとつなのです。世界には自分が正しいということを信じて、その考え方を他国に強制しようという原理主義的な態度をもった人たちがいますが、人というのは矛盾の塊だし、人であれ国であれ、良いところもあれば悪いところもあるのだから、お互いの良いところを認め合うようにしないといけませんね。私たち60億の人類は奇跡的にここ、地球にいるわけで、もっと生まれて、いまここで生きているということを大事にしてほしいと思います。

──『父と暮せば』でも底流に流れている「戦争責任」の問題については、「東京裁判三部作」「昭和庶民三部作」でも取り上げられていて、井上さんの大きなテーマになっています。
 戦争を起こすのは、私たち自身です。もちろん天皇は作戦に関わっていたわけだし、責任はあると思います。でもそれよりも天皇を利用した人、それに無批判に乗った人、天皇が神の子孫だとかそういうことを真に受けた人、つまり庶民の責任は大きいと考えます。庶民が一人一人考える、自分なりに意見を持つ、それが代議制として政治に反映される、そうならないといけないでしょう。当たり前のように聞こえますが、日本人は未だにそうはなっていないと思います。
 今、若者が「KY(ケーワイ)」って言うでしょう。「空気読めない」(笑)。日本人は常にその場の“空気”や雰囲気(ムード)”を読みとって、それに添った行動をするんです。またそれができないと、「KY」って言われて排除されてしまう。つまり日本人を動かしているのは、人じゃなくて“空気”なんです。一人一人が自立(自律)していないから、空気が変わるとみんな付和雷同して意見や態度をころころ変える。さっきまで祭り上げていた人を、突然こきおろしたりすることはしょっちゅうですよね。
 戦争の時だって、反対する人はいました。でも、そのときの空気がそれを認めなかった。私たちは空気で動き、空気が先導した結果だから、誰も責任を取らないんです。そのときそのとき空気は人間ではないから、責任をとることができないのです。
 
| 1 | 2 | 3 |
NEXT
TOP