The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
* 歌舞伎
異様な振る舞いや風体を指す「傾く(かぶく)」が語源。江戸初期に出雲の阿国が京都で始めた「かぶき踊り」が始まりとされる。風俗取り締まりで女芸人の出演が禁止され、女形が生まれたことにより、様式性の濃い演劇として発展。江戸で1714年からは幕府公認の劇場として興行を許されたのは、中村座・市村座・守田座の江戸三座だけであった。

* 新派
歌舞伎に対抗して発達した演劇ジャンル。明治中期に自由民権思想の宣伝のために行われた壮士芝居が始まり。次第に新聞ネタに題材をとった現代劇を上演するようになり、大正時代に入って『金色夜叉』『不如帰』で新派悲劇のスタイルを確立。

* 新劇
歌舞伎・新派劇に対抗してヨーロッパ近代劇の影響を受けて発達した演劇ジャンル。明治政府による歌舞伎の改良運動と翻訳劇の上演を目的に結成された自由劇場(1909〜19)が始まり。当初は歌舞伎役者が出演していたが、1924年にヨーロッパ近代劇の上演を行う常設劇場として築地小劇場がつくられ、リアリズム演劇ができる俳優の養成を始めたのが今日の新劇の基礎となった。代表的な劇団は俳優座(1944年創立)、文学座(1937年)、民芸(1950年)。

Artist aAn Ovewview.
2005.2.16
A history of small theater movement leading up to the present.────Eiko Tsuboike (Director of Institute for the Arts)  
現代に繋がる小劇場演劇の流れ   坪池栄子(文化科学研究所)  
小劇場演劇の流れ
日本の演劇界は、明治以降の世の中全体がそうであったように、急速な近代化や欧米化の流れに乗って、歌舞伎に反発して新派が生まれ、歌舞伎・新派に反発して新劇が生まれ、新劇に反発して小劇場演劇が生まれるといったように、それまであった表現への反発を繰り返しながら、別の集団・表現をつくることで動いてきたところがある。
こうした歴史的な経緯のため、日本では一口に演劇と言っても、古典から商業演劇、小劇場演劇、教育活動として行われている高校演劇など、さまざまなジャンルが併存しており、これらの領域の間の関係が希薄で、一部のプロデュース公演を除いては、ほとんど相互交流が行われていないのが現状だ。その中で現代演劇シーンを牽引しているのが、1960年代にスタートし、今も新しい才能を輩出し続けている小劇場演劇の領域である。
60年代、現代演劇を志すものは大手新劇団に入ってリアリズム演劇をやるしかなかった時代に、既存の演劇に飽き足らなかった若い演劇人たちが劇団から飛び出し、また、当時、多彩な才能を擁していた大学の学生劇団のリーダーたちが、学生運動の流れの中で、自分たちの思想を表明し、表現を追求するための小劇団を次々に旗揚げしていった。これが現代に繋がる小劇場演劇のはじまりである。
小劇場演劇は一部の例外を除いて基本的にアマチュア活動であり、多くの場合、劇作家、演出家、俳優を強烈な個性と才能をもったリーダーが兼任している。俳優を兼任しない場合は、リーダーの演劇思想を体現したカリスマ性のある特徴的な俳優が必ずいる。
こうした小劇場演劇の第一世代には、故・寺山修司、鈴木忠志(現・静岡県舞台芸術センター芸術総監督、SCOT主宰)、蜷川幸雄(現・桐朋学園芸術短期大学学長)、唐十郎(元・横浜国立大学教授、唐組主宰)、佐藤信(現・東京学芸大学教授)、太田省吾(現・京都造形芸術大学教授)、串田和美(現・まつもと市民芸術館芸術監督、日本大学芸術学部教授)など、錚々たるメンバーが顔を揃え、世界の前衛演劇をリードする勢いだった。
現在、彼らの多くは、カンパニーのリーダーとしての活動に終止符を打ち、演出家として独立した活動を行なう一方、公立劇場の芸術監督や大学の指導者という、これまで日本では第一線の演劇人が携ったことのない新しいポジションの開拓者としての重責を担っている。こうした第一世代がつくりだす新しい環境が、次世代の現代演劇シーンにどのような影響を与えるか、注目されるところだ。
第一世代の小劇場演劇は、反体制運動、反新劇運動、前衛運動といった思想性・実験性の強いもので、観客もこうした考えに賛同する同志だった。しかし、70年代に登場したつかこうへい(第二世代)が、誇りがあればどんな人間の欲望も肯定できるという自虐的なコメディのスタイルを確立して大人気となり、小劇場演劇を娯楽として楽しむ若い観客層を開拓した。それをターニングポイントにして、小劇場演劇はその時代の若者の感性に訴えるエンタテイメントへと大きく方向を変えることになる。
80年代には、学生劇団を母体として、野田秀樹、鴻上尚史ら第三世代のリーダーが続々登場。破天荒な物語と個性豊かな演技スタイルで若い観客の支持を集め、「小劇場ブーム」としてマスコミの話題となる。90年代に入ると、それまで小劇場演劇の特徴ともなっていた非日常的なスタイルへの行き詰まりから、第四世代として、平田オリザの作品に代表されるような、日常生活に設定を求めた室内劇の流れが生まれる。
また、エンタテイメントを志向するグループからは、劇団をショービジネスとして成功させた演劇集団キャラメルボックスの成井豊、劇画タッチのSF時代活劇をシアトリカルに展開し、商業劇場にも進出した劇団☆新感線(作家:中島かずき、演出家:いのうえひでのり)、職業作家として成功し、商業演劇やテレビドラマの作家としても活躍する、シチュエーションコメディの三谷幸喜、社会派コメディの永井愛などが登場。第三世代のリーダーたちも劇団を解散して商業演劇のウェルメイドな舞台に活躍の場を移すなど、現在は、小劇場演劇の世界からショービジネスや映画の作家や演出家、テレビ俳優やタレントなどの人材が次々に台頭する、一種の円熟期を迎えている。
 
| 1 | 2 |
NEXT
TOP