Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
国際交流基金
data
国際交流基金

本部所在地:
〒160-0004
東京都新宿区四谷4-4-1
Tel: 03-5369-6075
Fax: 03-5369-6044
URL: http://www.jpf.go.jp/
海外ネットワーク・サイト: http://www.jpf.go.jp/world/jp/
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2010.5.28
国際交流基金 
 国際交流基金は、日本と諸外国との国際的相互理解を深め、良好な国際交流環境の整備・発展をめざして1972年10月に外務省所管の特殊法人として設立された。以来40年近くにわたって日本と海外との文化交流における中核機関として、海外における日本語教育、日本研究・知的交流、文化芸術交流の各分野における幅広い活動を展開。東京本部のほか、国内に京都支部と2つの附属機関(日本語国際センター、関西国際センター)、および海外21カ国・22都市に23の拠点をもつ。2003年10月に独立行政法人に改組。

 文化芸術の分野では、「生活文化」「造形美術」「舞台芸術」「映像・文芸」の各ジャンルにおいて助成事業を実施しているほか、人物交流事業、公演・展示・講演・セミナー等の文化事業、調査研究などの自主事業を実施している(舞台芸術ジャンル以外はHP参照)。
舞台芸術ジャンルの主な事業
 国際交流基金では、設立当初の70年代前半から海外で行われる日本の舞台芸術公演への助成と公演団派遣による主催事業を行ってきた。また、日本国内ではあまり知られていない国・地域の舞台芸術・芸能を紹介する主催事業や日本公演に対する助成を行ってきた。とりわけアジア諸国との文化芸術交流に重点を置き、その実績を踏まえ1990年にはアセアン文化センターを設立(95年にアジアセンターに改組され、現在は国際交流基金本部に統合(畠由紀インタビュー参照)。
 情報発信・交流事業にも力を入れ、1995年より東京芸術見本市(TPAM)をNPO法人国際舞台芸術交流センターとともに主催。また、現代日本の舞台芸術シーンやアーティストを海外に紹介するための英語版ガイドブックを継続的に発行し、2008年には日本の舞台芸術環境と現代演劇を中心に解説した最新版『THEATER IN JAPAN Overview of Performing Arts and Artists』を発行。
 また、2004年には当ウェブサイト「Performing Arts Network Japan(通称:performingarts.jp)」の運営をスタートした。
 これらの各種プログラムを有機的に組み合わせ、舞台芸術を通じた日本と諸外国の相互理解を促進するとともに、国内外における創造活動の活性化に寄与している。
 2004年以降の主な主催事業は、当サイトの「国際交流基金からのお知らせ」アーカイブ参照。
主な助成プログラム
 現在実施している公募プログラムは以下のとおり。
海外公演助成
 日本の優れた舞台芸術や芸能の海外公演(レクチャー・デモンストレーションを含む)、国際共同制作を行う日本のアーティスト、市民青少年・地域間の国際交流事業を行う団体を対象に経費の一部を助成。年3回実施(募集時期:12月、5月、9月ごろ)
パフォーミング・アーツ・ジャパン(北米)
 日本の優れた舞台芸術作品を紹介する米国の非営利団体を対象にした助成プログラム。ニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市以外での巡回公演や共同制作、日本の舞台芸術に関する教育・研修の機会の提供のための経費の一部を助成。年1回実施(募集時期:11月ごろ、問い合わせ:ニューヨーク日本文化センター)
パフォーミング・アーツ・ジャパン(欧州)
 日本の優れた舞台芸術作品を紹介することに尽力している欧州に本拠を置く文化芸術関連団体(フェスティバル、劇場、プレゼンター等)を対象にした助成プログラム。欧州大都市以外での巡回公演や共同制作、日本の舞台芸術に関する教育・研修の機会の提供のための経費の一部を助成。年1回実施(募集時期:10月ごろ、問い合わせ:パリ日本文化会館)

以上3プログラムの詳細はこちら
http://www.jpf.go.jp/j/program/culture.html
 
TOP