The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Archive
Japan Topics
2013.4 − 2014.3
TPAM in Yokohama 2014続報:国際交流基金の招聘による海外プレゼンターが決定   2014.1.27
多田淳之介演出の『カルメギ』が韓国の第50回東亜演劇賞で3冠受賞   2014.1.27
横浜ダンスコレクションEX2014開幕(2014年2月4日〜16日)   2014.1.14
「神戸─アジアコンテンポラリーダンスフェスティバル #3」開催(2014年2月1日〜3月2日)   2014.1.14
TPAM in Yokohama 2014(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2014)詳細決定   2014.1.7
流山児★事務所『花札伝綺』モントリオール・NYツアー   2014.1.7
庭劇団ペニノ『誰も知らない貴方の部屋』が初のアメリカツアー   2014.1.7
第9回「トヨタ コレオグラフィーアワード 2014〜次代を担う振付家の発掘〜」参加振付家募集中(応募締切:2014年1月20日)   2013.12.27
第19回劇作家協会新人戯曲賞は刈馬カオス『クラッシュ・ワルツ』に決定   2013.12.27
第20回OMS戯曲賞大賞は中村賢司の『追伸』に決定   2013.12.25
チェルフィッチュの新作『地面と床』欧州ツアー   2013.9.24
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2013開幕(2013年9月28日〜10月27日)   2013.9.24
山田うんのソロダンス『ディクテ』が中国の民間劇場で公演(2013年5月18日〜20日)   2013.5.1
「フェスティバル/トーキョー13」開催決定   2013.5.1
野田秀樹『THE BEE』English Versionがイスラエル・韓国・ルーマニアで上演   2013.5.1
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2013」のラインナップ発表(6月1日〜30日)   2013.5.1
平均年齢74歳の演劇集団「さいたまゴールド・シアター」が初の海外公演   2013.4.24

2012.4 − 2013.3
「あいちトリエンナーレ 2013」ラインアップ発表   2013.3.26
新国立劇場2013/2014シーズンラインアップが発表   2013.3.6
「ヨコハマトリエンナーレ2014」のアーティスティック・ディレクターに森村泰昌氏が決定   2013.3.1
「舞台芸術制作者オープンネットワーク」の設立を発表(2013年2月)   2013.3.1
「第7回日本ダンスフォーラム賞」大賞に笠井叡×麿赤兒が決定   2013.2.25
第57回(2013年)岸田國士戯曲賞を赤堀雅秋・岩井秀人が受賞   2013.2.18
「横浜ダンスコレクションEX2013」コンペティション 受賞振付家決定   2013.2.18
「TPAM in Yokohama 2013」続報:国際交流基金の招聘による海外プレゼンターが決定   2013.1.25
横浜ダンスコレクションEX2013開幕(2013年2月3日〜17日)   2013.1.15
第19回OMS戯曲賞大賞は、稲田真理(伏兵コード)の『留鳥の根』に決定   2013.1.15
第18回劇作家協会新人戯曲賞は原田ゆう『見上げる魚と目が合うか?』に決定   2013.1.15
TPAM in Yokohama 2013(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2013)詳細決定   2012.12.26
日本有数の温泉地・別府でアーティスト・イン・レジデンス・プログラム参加者募集中   2012.11.13
セゾン文化財団「レジデンス・イン・森下スタジオ ヴィジティング・フェロー」募集中   2012.10.24
別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界 2012」開幕(2012年10月6日〜12月2日)   2012.10.4
レズ・アルティス総会2012東京大会 参加登録受付中(登録期限:2012年9月14日)   2012.9.6
KYOTO EXPERIMENT(京都国際舞台芸術祭)2012開催(2012年9月22日〜10月28日)   2012.9.6
フェスティバル/トーキョー12開催(2012年10月27日〜11月25日)   2012.9.6
「ダンストリエンナーレトーキョー2012」のラインナップ発表(2012年9月27日〜10月14日)   2012.8.11
第8回「トヨタ コレオグラフィーアワード 2012」次代を担う振付家賞に関かおりが決定   2012.8.6
第8回「トヨタ コレオグラフィーアワード 2012」ファイナリスト決定   2012.5.16
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2012」が開幕(6月2日〜7月1日/プレイベント:4月28日〜)   2012.5.1

2011.4 − 2012.3
第56回(2012年)岸田國士戯曲賞をノゾエ征爾・藤田貴大・矢内原美邦がトリプル受賞   2012.3.6
「横浜ダンスコレクションEX2012」コンペティション 受賞振付家決定   2012.3.1
「TPAM in Yokohama 2012」続報:国際交流基金の招聘による海外プレゼンターが決定   2012.1.16
「横浜ダンスコレクションEX2012」開幕(2012年1月28日〜2月19日)   2012.1.16
「TPAM in Yokohama 2012(国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2012)」参加登録受付中   2011.12.21
第8回「トヨタ コレオグラフィーアワード 2012〜次代を担う振付家の発掘〜」募集開始   2011.12.14
KENTARO!! × 東京ELECTROCK STAIRSドイツ3都市ツアー(2011年12月7日〜17日)   2011.11.30
横浜市が2012年よりヨコハマ・アート・フェスティバル「ダンス・ダンス・ダンス アット ヨコハマ2012」の開催を発表(2012年7月〜10月)   2011.11.11
日韓共同制作公演『砂の駅』を4都市で上演(2011年10月7日〜11月6日)   2011.10.7
国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー11」9月開幕   2011.8.24
モダンアートの出展者のブースでひとつの村をつくる試み「新・港村」(2011年8月6日〜11月6日)   2011.8.5
横浜で「3.11以降」の舞台芸術について考える「TPAMiY Summer Session 2011」開催(2011年8月5日〜7日)   2011.8.5
現代アートの国際展「横浜トリエンナーレ2011」8月6日スタート   2011.7.12
「越後妻有 大地の芸術祭2012」作品公募始まる   2011.7.12
文化庁がアーティスト・イン・レジデンスに補助金   2011.7.12
静岡で"せかい"演劇祭「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」開催   2011.6.2

2010.4 − 2011.3
第55回岸田國士戯曲賞を松井周が受賞   2011.3.11
米国で先進的・国際的な活動をしているプレゼンターをはじめ、海外のフェスティバル・劇場ディレクターが多数来日(国際舞台芸術ミーティング in 横浜、2011年2月16日〜20日)   2011.2.14
国際舞台芸術ミーティング in 横浜(Performing Arts Meeting in Yokohama/TPAM in Yokohama)とIETMサテライト・ミーティング in 横浜、2011年2月に開催   2010.12.15
第17回OMS戯曲賞決定   2010.12.15
横浜に神奈川芸術劇場(KAAT)がオープン   2010.12.1
「フェスティバル/トーキョー(F/T)10」開幕   2010.11.5
フェスティバル/トーキョー(F/T)2010のラインナップ第1弾を発表   2010.7.28

2009.4 − 2010.3
東京芸術見本市(2010年3月1日〜4日)開催   2010.2.17
第54回岸田國士戯曲賞が柴幸男の『わが星』に決定   2010.2.17
コンテンポラリーダンスのフォーラム「We dance」開催   2010.2.17
ポストメインストリーム・パフォーミング・アーツ・フェスティバル(PPAF)が開幕(2010年1月16日〜3月28日)   2010.1.15
「横浜ダンスコレクションR 2010」開催(2010年2月4日〜11日)   2010.1.15
アジア劇作家会議09、座・高円寺にて開催(2009年12月16日〜19日)   2009.12.4
アジア劇作家会議09、座・高円寺にて開催(2009年12月16日〜19日)   2009.12.4
世阿弥直筆本をはじめとする観世宗家の能楽資料、インターネットで公開   2009.12.4
内野儀著『Crucible Bodies: Postwar Japanese Performance from Brecht to the New Millennium』、シカゴ大学出版局より刊行   2009.12.4
「フェスティバル/トーキョー09(F/T09)秋」開催中   2009.11.19
野田秀樹が東京芸術劇場芸術監督に就任、記念プログラムがスタート   2009.9.9
宮本亜門が神奈川芸術劇場の初代芸術監督に就任   2009.9.9
SCOTサマー・シーズン/シアター・オリンピックス利賀が開幕(2009年8月15日〜30日)   2009.7.31
ダンストリエンナーレ トーキョー 2009のプログラム発表(2009年9月18日〜10月8日)   2009.7.31
「フェスティバル/トーキョー09(F/T09)秋」のラインナップ発表   2009.6.24
東京芸術見本市2010(TPAM)の開催概要決定   2009.6.24
朝日舞台芸術賞が休止   2009.6.24
日本の代表的な音楽を網羅した戦前の「日本音楽集」を日英解説付きCDで復刻   2009.6.24

2008.4 − 2009.3
「東京芸術見本市(TPAM)」の参加団体、続々決定(2009年3月4日〜7日)   2009.2.3
第8回朝日舞台芸術賞グランプリは鄭 義信作・演出『焼肉ドラゴン』に決定   2009.2.3
第53回(2008年)岸田國士戯曲賞は蓬莱竜太と本谷有希子がダブル受賞   2009.2.3
第14回劇作家協会新人戯曲賞に、ナカヤマカズコの『しびれものがたり』   2009.2.3
「横浜ダンスコレクションR」開催(2009年2月5日〜12日)   2009.2.3
新国立劇場が2009/2010シーズンラインナップを発表   2009.2.3
別府でアートと温泉の街を体感する現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」開催(2009年4月11日〜6月14日)   2009.2.3
「フェスティバル/トーキョー09春」国際シンポジウムでジャック・ラングが来日(2009年2月4日)   2009.2.3
東京に新しい国際舞台芸術フェスティバル「フェスティバル/トーキョー」誕生(2009年2月26日〜3月29日)   2008.12.24
チェルフィッチュ『三月の5日間』『クーラー』が北米7都市をツアー(2009年1月9日〜)   2008.12.25
沈黙劇の故・太田省吾の主要舞台作品を収録したDVD-BOX刊行   2008.12.24
早稲田大学演劇博物館グローバルCOEで「国際研究集会・60年代演劇再考」開催(2008年10月17日〜19日)   2008.11.11
東京芸術見本市(TPAM)2009が参加登録受付中(会期:2009年3月4日〜7日/東京・恵比寿ザ・ガーデンホール等)   2008.11.4
2008年は「源氏物語」千年紀──横浜能楽堂企画公演「源氏物語〜それぞれの恋心」開催(2008年8月9日〜12月21日)   2008.8.29
国立能楽堂開場25周年記念公演がスタート(2008年9月〜)   2008.8.29
舞台美術家賞の第35回伊藤熹朔賞に金井勇一郎氏   2008.8.29
トヨタコレオグラフィーアワード2008「次代を担う振付家賞」に鈴木ユキオ   2008.7.22
現代日本の戯曲英訳シリーズ「Half a Century of Japanese Theater」第10巻刊行   2008.7.22
新国立劇場2008/2009シーズンのラインナップ   2008.4.28

2007.4 − 2008.3
英語版現代演劇ガイドブック『THEATER IN JAPAN: An Overview of Performing Arts and Artists─日本の現代演劇ガイドブック』を刊行   2008.3.31
2007年朝日舞台芸術賞グランプリはイギリス人劇作家との共同創作による野田秀樹の『THE BEE』に決定   2008.2.29
第52回岸田國士戯曲賞は前田司郎『生きてるものはいないのか』に決定   2008.2.29
振付家の「第6回トヨタ コレオグラフィーアワード2008─次代を担う振付家の発掘─」出場者募集中   2007.12.17
当サイトのアーティストインタビュー集『パフォーミングアーツにみる日本の文化力』発売!   2007.9.28
無言劇の太田省吾氏が逝去(2007年7月13日)   2007.7.30
蜷川幸雄演出の歌舞伎公演『NINAGAWA十二夜』再演(2007年7月7日〜29日)   2007.6.30
日本におけるイタリア2007“春”関連企画「CORPI ALTRI [BODY OTHER]」コンテンポラリーダンスフェスティバル開催(6月23日〜28日)   2007.5.24
「トヨタコレオグラフィーアワード〜ガラ公演」開催(2007年7月7日〜)   2007.5.24
現代日本の戯曲英訳シリーズ「Half a Century of Japanese Theater」第9巻刊行   2007.5.24

2006.4 − 2007.3
東京芸術見本市2007が閉幕   2007.3.23
翻訳戯曲上演に贈られる2006年度の湯浅芳子賞が決定   2007.3.23
世田谷パブリックシアター開場10周年記念プログラム発表   2007.3.23
ジャパン・コンテンポラリー・ダンス・ネットワーク(JCDN)「JCDN Membership Dance File vol.6」発行   2007.3.23
10周年の新国立劇場2007/2008シーズンのラインアップを発表   2007.2.16
第10回鶴屋南北戯曲賞に本谷有希子『遭難、』   2007.2.16
第14回読売演劇大賞発表   2007.2.16
2006年の国内主要演劇賞が決定   2007.1.22
第13回OMS戯曲賞に竹内佑(デス電所)『音速漂流歌劇団』、第12回劇作家協会新人戯曲賞に嶽本あゆ美『ダム』   2007.1.22
東京国際芸術祭(TIF)2007のラインアップ(2月1日〜3月30日)   2006.12.25
東京芸術見本市2007(TPAM)が参加者の登録受付開始(3月5日〜8日)   2006.12.25
国立能楽堂の自主公演に座席字幕を導入   2006.11.24
大野一雄100歳の年に、さまざまな記念イベント開催中   2006.10.20
ダンストリエンナーレ TOKYO 2006 開催   2006.9.14
日本の演劇・ダンス公演情報:2006年8月以降の情報を紹介   2006.8.17
トヨタコレオグラフィーアワード2006「次代を担う振付家賞」に白井剛   2006.8.17
日豪交流年公式事業の舞台芸術関連サイトがオープン   2006.8.17
オーストラリア−日本ダンスエクスチェンジ(AJdX)2006が8月よりレジデンス公演開催   2006.7.6
ロシア文化フェスティバル2006 IN JAPAN開催中   2006.7.6
日本の劇作家が運営する「杉並芸術会館」が2009年オープン   2006.7.6
「第5回トヨタ コレオグラフィーアワード2006〜次代を担う振付家の発掘〜」のファイナリスト決定   2006.6.6
松竹が「シネマ歌舞伎」制作を本格的に始動   2006.6.6
現代日本の戯曲英訳シリーズ「Half a Century of Japanese Theater」第8巻刊行   2006.6.6
尺八奏者の中村明一(なかむらあきかず)が呼吸法の本「密息(みっそく)で身体が変わる」を発表   2006.6.6
日本の伝統芸能を記録した映像ライブラリーのサイトがオープン   2006.5.8
国際演劇協会(ITI)主催の「伝統芸能ワークショップVol.18」参加者募集中   2006.5.8
中村勘三郎が全国の芝居小屋で興行   2006.5.8

2005.4 − 2006.3
新国立劇場2006/2007シーズン演劇ラインナップ決まる   2006.3.29
日本のコンテンポラリーダンスのアーティストを紹介したDVD発行   2006.3.29
蜷川幸雄が高齢者演劇集団の結成を発表   2006.3.29
「JADE 2006 インターナショナル ダンス フェスティバル」が3月11日に開幕   2006.2.28
2005年朝日舞台芸術賞のグランプリは「国歌」に翻弄される人々を描いたコメディ『歌わせたい男たち』に決定   2006.1.31
横浜ダンスコレクションR(2005年12月16日〜2006年2月19日)のコンペティション部門受賞者が決定   2006.1.31
現代劇作家の登竜門として知られる岸田國士戯曲賞。第50回受賞作決定   2006.1.31
東京国際芸術祭2006(Tokyo International Arts Festival 2006)が2月10日に開幕   2006.1.31
松竹が歌舞伎座の建て替えを発表   2005.12.28
「演劇・ダンス公演情報」12月〜2006年3月の動向を紹介   2005.11.28
国立劇場開場40周年記念で新作歌舞伎脚本募集   2005.11.28
横浜トリエンナーレ2005開幕   2005.10.22
東京芸術見本市2005が9月12日に開幕   2005.8.18
トヨタコレオグラフィーアワード2005 受賞者決定   2005.7.20
現代日本の戯曲英訳シリーズ「HALF A CENTURY OF JAPANESE THEATER」が第7巻刊行   2005.7.20
舞踏の原点となった三島文学『禁色』がコンテンポラリーダンスで甦る   2005.6.17
第21回〈東京の夏〉音楽祭2005が6月23日に開幕   2005.6.17
日本初の公立ダンスカンパニー、金森穣率いるNoism05の新作が決定   2005.6.17
振付家の登竜門、「第4回トヨタコレオグラフィーアワード2005」のファイナリスト決定   2005.6.1
大規模なダンスフェスティバル「日韓友情年2005─ダンス交流フェスティバル」をソウルで開催(6月25日〜7月14日)   2005.6.1

2004.12 − 2005.3
優れた海外戯曲の上演に贈られる2004年度湯浅芳子賞が決定。マーティン・マクドナー作品が2部門で受賞   2005.3.16
現代劇作家の登竜門として知られる岸田國士戯曲賞。第49回の受賞決定。   2005.2.16
英語の解説付き・邦楽の名手の演奏を集めたCD「日本音楽の巨匠(Masters of Japan)」をレコード会社4社が共同で企画・発売   2005.2.16
日本初・コンテンポラリーダンスのDVDシリーズ第1弾として「踊りに行くぜ!!2001」をJCDNが発行   2005.2.16
日本のパフォーミングアーツを知る格好の本、英語版ガイドブック「日本演劇ガイド」発売中   2005.1.19
歌舞伎の人気演目をラインナップ。英語解説付きの歌舞伎DVDシリーズ「歌舞伎名作撰」全16巻、続々刊行   2005.1.19
第4回朝日舞台芸術賞が決定。グランプリはユージン・オニール作、栗山民也演出「喪服の似合うエレクトラ」。   2005.1.19
東京国際芸術祭2005のプログラム決定(2005年2月2日〜3月28日)   2005.1.19
第4回トヨタ コレオグラフィーアワード2005─次代を担う振付家の発掘─」が作品募集開始   2004.12.6
アジアのダンス・マーケット創出を目指し、横浜ダンスコレクションR('05 Yokohama Dance Collection R)」をリニューアル(2005年1月17日ー2月20日/横浜)   2004.12.6
歌舞伎俳優・中村勘九郎が十八代・勘三郎を襲名。2005年3月から始まる襲名披露の興行の計画を発表   2004.12.6
TOP
Archive
Presenter  Topics
2013.4 − 2014.3
メディアアートの祭典「トランスメディアーレ」開幕(2014年1月29日〜2月2日)   2014.1.14
「第6回世界文化芸術サミット」開幕(2014年1月13日〜16日)   2014.1.9
世界最大規模の舞台芸術カンファレンス「APAP/NYC 2014」開幕(2014年1月10日〜14日)   2014.1.7
NYの国際演劇祭「アンダー・ザ・レーダー」開幕(2014年1月8日〜19日)   2013.12.27
ミュンヘンの演劇祭「シュピールアート」開幕(2013年11月15日〜30日)   2013.11.5
パフォーマンスアートのビエンナーレ「Performa 13」開幕(2013年11月1日〜24日)   2013.10.31
ローマ・ヨーロッパ・フェスティバル開幕(2013年9月26日〜11月25日)   2013.10.2
韓国のフェスティバル・シーズンが開幕(SPAF、SIDanceなど)   2013.10.1
第42回フェスティバル・ドートンヌが開幕(2013年9月13日〜12月1日)   2013.10.1
「シュタイヤーマルクの秋」開幕(2013年9月20日〜10月3日)   2013.9.24
ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団40周年記念「PINA40」開幕(2013年9月5日〜2014年5月25日)   2013.9.2
ルール・トリエンナーレ開幕(2013年8月23日〜10月6日)   2013.8.16
チューリヒ・シアター・スペクタクル開幕(2013年8月15日〜9月1日)   2013.8.1
ベルリン国際ダンスフェスティバル「8月のダンス」開幕(2013年8月16日〜31日)   2013.8.1
演劇のメッカ「第67回アヴィニョン演劇祭」開幕(2013年7月5日〜26日)   2013.7.5
ベルリン芸術祭の国際シーズン(Foreign Affair)が開幕(2013年6月27日〜7月14日)   2013.6.18
南仏の「モンペリエ・ダンス」開幕(2013年6月22日〜7月6日)   2013.6.18
80周年を迎える「アメリカン・ダンス・フェスティバル」開幕(2013年6月13日〜7月28日)   2013.6.6
「第20回シビウ国際演劇祭」開幕(2013年6月7日〜16日)   2013.6.3
劇作家のための「オープン・コート・フェスティバル」が開幕(2013年6月10日〜7月20日)   2013.5.28
ドイツのパクト・ツォルフェライン(PACT Zollverein)の2014年レジデンスアーティスト募集(2013年6月17日締切)   2013.5.23
オランダ・フェスティバル(Holland Festival)が開催(2013年6月1日〜26日)   2013.5.23
NYのウォーターミル・センターが2014年レジデンスアーティストを募集中(2013年6月12日締切)   2013.5.10
フィレンツェのフェスティバル「ファッブリカ・ヨーロッパ」が開催中(2013年4月16日〜6月19日)   2013.5.10
韓国の「安山ストリート劇フェスティバル」が閉幕(2013年5月3日〜5日)   2013.5.10
ナショナル・シアター・ウェールズ レジデンス・プログラム「WalesLab」:日本人アーティスト招聘プログラム応募受付中(2013年5月26日締切)   2013.5.1
オーストリアの「ウィーン芸術週間」開幕(2013年5月10日〜6月16日)   2013.5.1

2012.4 − 2013.3
「クンステン・フェスティバル・デザール 2013」のプログラムが発表(2013年5月3日〜25日)   2013.3.29
IETM春の総会がダブリンで開催(2013年4月11日〜14日)   2013.3.29
スロベニアのエクソダス・フェスティバルがアジアのダンスを特集(2013年4月14日〜25日)   2013.3.25
オーストラリアのアデレード・フェスティバル開幕(2013年3月1日〜17日)   2013.3.7
ソウルのダウォン(多元)芸術祝祭「フェスティバル・ボム(Bo:m)」開幕(2013年3月22日〜4月18日)   2013.3.4
香港アーツフェスティバル(香港藝術節)開幕(2013年2月21日〜3月22日)   2013.2.22
アヴィニョン冬季フェスティバル開幕(2013年2月23日〜3月2日)   2013.2.22
NYのコイル・フェスティバル開幕(2013年1月3日〜19日)   2012.12.27
第56回を迎える世界最大規模の見本市 APAP/NYC 2013(2013年1月11日〜15日)   2012.12.27
NYの国際演劇祭「第8回アンダー・ザ・レーダー」開幕(2013年1月9日〜20日)   2012.12.26
「ベルリン芸術祭の国際シーズン(Foreign Affair)」が閉幕(2012年9月28日〜10月26日)   2012.11.5
SPAF、SIDanceなど、韓国でフェスティバルが相次ぎスタート   2012.10.5
シュタイヤーマルクの秋フェスティバルが開幕(2012年9月21日〜10月14日)/7日間のマラソンキャンプ「Truth is Concrete」   2012.9.28
第41回フェスティバル・ドートンヌ(パリ秋芸術祭)が開幕、日本のアーティストが多数参加(2012年9月13日〜12月31日)   2012.9.27
チューリヒ・シアター・スペクタクル 2012閉幕、ZKB賞決定   2012.9.6
ルール・トリエンナーレが開幕(2012年8月17日〜9月30日)   2012.8.30
台北アートフェスティバルが開幕(2012年8月2日〜9月9日)   2012.8.2
エジンバラ国際フェスティバルが開幕(2012年8月9日〜9月2日)   2012.8.2
ベルリンのダンスフェス「八月のダンス(Tanz im August)」が開幕(2012年8月10日〜25日)   2012.8.2
第66回アヴィニョン演劇祭が開幕(2012年7月7日〜28日)   2012.7.6
今年80周年を迎える舞踊祭「ジェイコブズ・ピロー・ダンス」開幕(2012年6月18日〜8月26日)   2012.6.18
ISPA(International Society for Performing Arts─国際舞台芸術協会)総会がソウルで開催(2012年6月11日〜16日)   2012.6.11
フィンランドの歴史あるダンスフェス、第43回クオピオ・ダンス・フェスティバルが開幕(2012年6月14日〜20日)   2012.6.7
第11回インドネシア・ダンスフェスティバル開幕(2012年6月1日〜9日)   2012.5.29
ロンドン・オリンピックの文化プログラム「カルチュラル・オリンピアード」開催中   2012.5.23
東欧最大規模「第19回シビウ国際演劇祭」開幕(2012年5月25日〜6月3日)   2012.5.22
シンガポール・アーツ・フェスティバル開幕(2012年5月18日〜6月2日)   2012.5.14
第10回「サンフランシスコ国際アーツフェスティバル」開幕(2012年5月2日〜20日)   2012.5.11
オーストリア「シュタイヤーマルクの秋」 24時間/7日間マラソンキャンプ「Truth is Concrete」参加者募集中(2012年5月15日締切)   2012.5.6
韓国で続々と公演される日本の演劇作品   2012.5.1
韓国の光州「2012アジア芸術劇場公演作品」国際公募   2012.5.1

2011.4 − 2012.3
「クンステン・フェスティバル・デザール 2012」のプログラム発表(2012年5月4日〜26日)   2012.3.27
ソウルのダウォン芸術祝祭「フェスティバル・ボム(Bo:m)」開幕(2012年3月22日〜4月18日)   2012.3.27
オーストラリアの「アデレード・フェスティバル」開幕(2012年3月2日〜18日)   2012.2.28
ドレスデンで「タンツプラットフォーム」開幕(2012年2月23日〜26日)   2012.2.21
アジア初演作品が目白押し、香港アーツフェスティバル開幕(香港藝術節)(2012年1月28日〜3月8日)   2012.1.24
バンクーバーで「第8回PuSh国際舞台芸術祭」開幕(2012年1月17日〜2月4日)   2012.1.19
業界最大規模を誇る見本市「APAP/NYC 2012」開幕(2012年1月6日〜10日)   2012.1.5
NYの国際演劇祭「第7回アンダー・ザ・レイダー」開幕(2012年1月4日〜15日)   2011.12.26
イスラエルのダンスフェスティバル「インターナショナル・エクスポージャー」が開幕(2011年11月30日〜12月4日)   2011.11.28
ミュンヘン演劇祭「第9回シュピールアート・シアターフェスティバル」が開幕(2011年11月18日〜12月4日)   2011.11.14
ヘルシンキ「第25回ムービング・イン・ノーベンバー」が開幕(10月29日〜11月6日)   2011.10.31
韓国最大規模のフェスティバル、SPAF(ソウル国際公演芸術祭)とSIDance(ソウル国際ダンスフェスティバル)が相次ぎスタート   2011.10.4
「第8回ベルリン芸術祭─国際演劇シーズン」開幕(2011年10月6日〜2012年1月28日)   2011.9.27
「第7回ソウル舞台芸術見本市(PAMS)2011」参加者募集中(9月30日まで登録受付中)   2011.9.6
第40回フェスティバル・ドートンヌ開幕(2011年9月15日〜12月31日)/前ディレクター、アラン・クロンベック最後のプログラム   2011.8.30
ドイツ/ベルリン国際ダンスフェスティバル「八月のダンス」開幕(2011年8月12日〜28日)   2011.8.9
2011年チューリヒ・シアター・スペクタクルの新人賞「ZKB Patronage Prize」contact Gonzoがノミネート(2011年8月18日〜9月4日)   2011.7.20
エジンバラ国際フェスティバル2011は、「アジア」をテーマに開催(2011年8月12日〜9月4日)   2011.7.20
クンステン・フェスティバル・デザールとフェスティバル・トランスアメリークがチェルフィッチュとポツドールをプログラム   2011.5.9
日本の現況を知るための情報リンク集   2011.5.9
シンガポール・アーツ・フェスティバル2011開催(2011年5月13日〜6月5日)   2011.4.15
オランダ・ユトレヒトのコンテンポラリーダンスフェスティバル「スプリングダンス」が開幕(2011年4月14日〜24日)   2011.4.4

2010.4 − 2011.3
リンカーンセンター・シアターの若手演出家養成国際プログラム「ディレクターズ・ラボ」参加申し込み締切迫る   2011.2.10
欧州フェスティバル協会が若手フェスティバル・マネージャーのための研修をシンガポール、トルコで開催(シンガポール参加申込締切は2010年12月17日)   2010.12.3
イスラエルのダンスフェスティバル「インターナショナル・エクスポージャー」が開幕(2010年12月8日〜12日)   2010.11.29
快快の『My name is I love you』がチューリヒ・シアター・スペクタクルの新人賞「ZKB Patronage Prize」を受賞   2010.10.22
エジンバラ国際フェスティバルが開幕(2010年8月13日〜9月5日)   2010.8.4
チューリヒ・シアター・スペクタクルが開幕(2010年8月19日〜9月5日)   2010.8.4
リンカーンセンター・フェスティバルが開幕(2010年7月7日〜25日)   2010.7.8
アヴィニョン演劇祭が開幕(2010年7月7日〜7月27日)   2010.7.8
クンステン・フェスティバル・デザール開催(2010年5月7日〜29日)   2010.5.28
フェスティバル・トランスアメリークが開幕(2010年5月27日〜6月12日)   2010.5.28
シビウ国際演劇祭が開幕(2010年5月28日〜6月6日)   2010.5.28
テアター・デア・ヴェルトが開幕(2010年6月30日〜7月17日)   2010.5.28

2009.4 − 2010.3
IETM春の総会、ベルリンで開催(2010年4月15日〜18日)   2010.2.17
韓国芸術経営支援センターが新サイトを開設   2010.2.17
世界最大の舞台芸術見本市APAP(2010年1月8日〜2010年1月12日)と関連フェスティバル、ニューヨークで開催   2010.1.15
バンクーバーの「PuSh国際舞台芸術フェスティバル」が開幕(2010年1月20日〜2月6日)   2010.1.15
「2010年ソウル芸術支援博覧会」を初開催   2010.1.15
サドラーズ・ウェルズ劇場(Sadler's Wells Theatre)2010年春のプログラム発表   2009.10.28
ソウルに舞台芸術シーズン到来   2009.10.28
ベルリン・アジア太平洋週間(2009年10月7日〜18日)の文化プログラムにチェルフィッチュ、快快、庭劇団ペニノなど参加   2009.10.28
IETM秋の総会、欧州文化首都ヴィリニュスで開催(2009年10月8日〜10月11日)   2009.10.28
サドラーズ・ウェルズ劇場(Sadler's Wells)2009年秋のプログラム発表   2009.9.9
フェスティバル・ドートンヌが開幕(2009年9月15日〜12月19日)   2009.9.9
BAMネクストウェーブ・フェスティバルが開幕(2009年9月15日〜12月19日)   2009.9.9
ドイツの前衛フェスティバル、シュタイヤーマルクの秋が開幕(2009年9月24日〜10月18日)   2009.9.9
ダンス・アンブレラ・フェスティバルが開幕(2009年9月30日〜11月8日)   2009.9.9
ジェイコブズ・ビロー・ダンス・フェスティバルが開幕(2009年6月24日〜8月30日)   2009.7.31
パリ市立劇場(Theatre de la Ville)2009/2010のプログラム発表   2009.7.31
ベルリン国際ダンスフェスティバル「八月のダンス」のプログラム発表(2009年8月14日〜30日)   2009.7.31
タイムベースド・アート・フェスティバルのプログラム発表(2009年9月3日〜13日)   2009.7.31
エジンバラ・ショーケース(Edinburgh Showcase)2009プログラム発表   2009.7.31
エジンバラ国際フェスティバルのプログラム発表(2009年8月14日〜9月6日)   2009.6.24
インパルスタンツ・ウィーン国際ダンスフェスティバルが開幕(2009年6月16日〜8月16日)   2009.6.24
フェスティバル・ドゥ・マルセイユが開幕(2009年6月17日〜7月11日)   2009.6.24
アムステルダムの「ユリダンス」が7月1日に開幕(2009年7月1日〜11日)   2009.6.24
アヴィニョン演劇祭が7月7日に開幕(2009年7月7日〜29日)   2009.6.24
リンカーンセンター・フェスティバルが7月7日に開幕(2009年7月7日〜26日)   2009.6.24
フィンランドのフルムーン・ダンス・フェスティバルが7月21日に開幕(2009年7月21日〜25日)   2009.6.24
チェーホフ国際演劇祭2009で「文楽」が初のロシア公演(2009年6月30日〜7月8日)   2009.4.27

2008.4 − 2009.3
クンステン・フェスティバル・デザール2009のプログラム発表(2009年4月30日〜5月23日)   2009.3.31
ルーマニア・シビウ国際演劇祭2009のプログラム発表(2009年5月28日〜6月7日)   2009.3.31
フランス・ニームで日本のオルタナティブアート・フェスティバル(2009年3月24〜28日)   2009.2.28
ベニス・ビエンナーレのダンス部門で若手養成プログラムがスタート(2009年3月30日〜)   2009.2.28
ドイツ語版日本演劇紹介『Theater in Japan』が刊行(2009年2月)   2009.2.28
第37回香港アーツフェスティバル(香港藝術節)開催(2009年2月6日〜3月8日)   2009.2.3
人形浄瑠璃の手法を活かしたバジル・ツイストの前衛人形劇『Dogugaeshi(道具返し)』が米国ツアー(2009年4月24日〜6月7日)   2009.2.3
2009年のAPAP(Association for Performing Arts Presenters)の年次総会は1月9日〜13日に開催   2008.12.24
バービカン劇場の国際プログラムBITE09プログラムに日本から2作品(2009年1月〜)   2008.12.24
カナダの国際舞台芸術見本市CINARS(International Exchange for the Performing Arts)開催(2008年11月17日〜23日)   2008.11.4
ソウル舞台芸術見本市2008(PAMS)開催(2008年10月7日〜10日)   2008.9.30
ソウル国際舞台芸術祭Seoul Performing Arts Festival(SPAF)が開催中(2008年9月18日〜10月19日)   2008.9.30
エディンバラ国際フェスティバル2008のラインナップ(2008年8月8日〜31日)   2008.7.22
第75回「アメリカン・ダンス・フェスティバル(ADF)」で日本特集(2008年6月5日〜7月20日)   2008.6.20
リンカーンセンター・フェスティバルが開幕(2008年7月2日〜27日)   2008.6.20
第62回アヴィニヨン演劇祭のアソシエート・アーティストはヴァレリ・ドレヴィルとロメオ・カステルッチ(2008年7月2日〜27日)   2008.6.20
串田和美×中村勘三郎の現代版江戸歌舞伎小屋「平成中村座」がドイツ、ルーマニアで公演(2008年5月〜)   2008.4.28

2007.4 − 2008.3
ドイツ・ベルリン日独センターで井上ひさし作『父と暮せば』ドラマ・リーディング開催(2008年4月10日)   2008.2.29
別役実 作『象』がニューヨークでリーディング上演(2008年2月11日)   2008.1.28
東京芸術見本市2008の参加登録の募集を開始   2007.12.17
ジャパン・ソサエティーの100周年記念事業「Turning Japanese」の2007-2008シーズンスタート   2007.9.28
ソウル国際舞台芸術祭Seoul Performing Arts Festival(SPAF)が開幕(2007年9月20日〜10月14日)   2007.8.28
ソウル芸術見本市2007(PAMS)参加登録受付開始(2007年10月9日〜12日)   2007.8.28
JCDNの地域巡回型ダンス公演「踊りに行くぜ!!」が初のアジアツアー(2007年8月10日〜9月5日)   2007.7.30
井上ひさし作『父と暮らせば』の英語版The Face of Jizoがロンドンで開幕(2007年10月23日〜11月10日)   2007.7.30
リンカーンセンター・フェスティバル2007で「平成中村座」公演(2007年7月10日〜29日)   2007.6.30
ケネディー・センター日本特集フェスティバル「ジャパン! カルチャー+ハイパーカルチャー」ラインナップ発表(2008年2月5日〜17日)   2007.6.30
アヴィニヨン演劇祭2007ラインナップ(2007年7月6日〜27日)   2007.6.30
30周年のシンガポール・アーツ・フェスティバルが開幕(2007年5月25日〜6月24日)   2007.5.24
三谷幸喜原作『The Last Laugh』のロンドン・ウエストエンド上演決定   2007.5.24
韓国のパフォーミングアーツ・フェスティバルのシーズン到来   2007.5.24

2006.4 − 2007.3
イギリス演劇賞2007年ローレンス・オリヴィエ賞発表   2007.3.23
鴻上尚史作・演出+イギリス人キャストによる『トランスTRANCE』がイギリス・ブッシュシアターで上演決定(2007年6月)   2007.3.23
土田英生の『その鉄塔に男たちはいるという』“it is said the men are over in The Steel Tower”が3月2日にニューヨークで開幕   2007.2.16
第35回香港アーツフェスティバル(香港藝術節)のラインアップ(2月27日〜3月25日)   2007.1.22
三谷幸喜『笑の大学』がロンドン・ウエストエンドに進出   2007.1.22
チリ・サンチアゴの南半球舞台芸術フェア(FESUR2007)開催(2007年1月17日〜20日)   2006.12.25
業界最大規模の見本市、50回目を迎えるAPAP(Association for Performing Arts Presenters)の年次総会開催(2007年1月19日〜23日)   2006.12.25
創立25周年バービカンシアターのBITEシリーズ2007に蜷川『コリオレイナス』   2006.11.24
国際女性劇作家会議「The 7th Women Playwrights International Conference」がジャカルタで開催   2006.11.24
フランスの国立振付家センター(CND)が2名の研究者のレジデンシーを募集中   2006.11.24
ジャパン・ソサエティーの100周年記念事業の2007年春シーズンラインアップ   2006.11.24
第2回ソウル芸術見本市(PAMS)閉幕   2006.10.20
モントリオールの見本市CINARSがまもなく開幕、今年はアジア特集(11月14日−18日/カナダ・モントリオール)   2006.10.20
ポルトガルのコンテンポラリーダンスフェスティバル「A sul X International Festival」が日本特集   2006.9.14
ソウル国際舞台芸術祭Seoul Performing Arts Festival(SPAF)が10月7日開幕   2006.9.14
第8回上海国際芸術祭が10月8日から1カ月間開催   2006.9.14
次回IETMサテライトミーティングは中国で開催(10月12日〜18日)   2006.9.14
フィンランドの登竜門的ダンス・フェスティバル「Moving in November」開催(10月28日〜11月5日)   2006.9.14
リヨン・ダンス・ビエンナーレが9月9日開幕。日本から伊藤キム『禁色』ほか参加   2006.8.17
ロンドンのコンテンポラリーダンス・フェスティバル「ダンス・アンブレラ」が9月21日に開幕   2006.8.17
2006年10月開催のメルボルン・インターナショナル・アーツ・フェスティバルのラインナップ   2006.8.17
アヴィニョン・フェスティバルが7月6日に開幕   2006.7.6
劇団四季が韓国でミュージカル『ライオンキング』を上演(2006年10月〜)   2006.7.6
ソウル芸術見本市2006(PAMS)参加登録受付開始   2006.7.6
香港で開催されたInternational Society for Performing Arts(ISPA)の第20回国際会議が閉幕   2006.7.6
スコットランドのトラヴァース・シアターが日本戯曲のドラマ・リーディング開催   2006.6.6
野田秀樹作・演出・出演の新作『THE BEE』がロンドンで開幕   2006.6.6
リンカーンセンター・フェスティバルが7月10日開幕   2006.6.6
2006 Korea Dance Festival(2006KDF)が2週間のワークショップ開催   2006.6.6
2006ソウル演劇祭が5月2日に開幕   2006.5.8
韓日ダンスフェスティバルが5月24日に開幕   2006.5.8
国際現代舞踊祭(MODAFE 2006)が5月24日に開幕   2006.5.8
International Society for Performing Arts(ISPA)の第20回国際会議が香港にて開催(6月6日〜11日)   2006.5.8
ニューヨークの2006 DUMBO DANCE FESTIVALが、日本の振付家、ダンサーを募集中   2006.5.8
シンガポールで開催のアジア芸術見本市2007がショーケース参加者募集中   2006.5.8

2005.4 − 2006.3
フランスでのアーティスト・イン・レジデンス・プログラム「park in progress」が、日本からの参加アーティスト募集中   2006.2.28
「世界文化芸術サミットWorld Summit on Arts and Culture」参加登録受付中   2006.2.28
オーストラリア「アデレード・フェスティバル・オブ・アート(The 2006 Adelaide Bank Festival of Arts)」が3月3日開幕   2006.2.28
シェイクスピア全作品を作家生誕の地で上演――RSCの「Complete Works Festival」前期のラインナップ発表   2006.1.31
香港アーツフェスティバル(Hong Kong Arts Festival)が2月9日開幕(3月12日まで)   2006.1.31
韓国「今年の芸術賞」決定   2005.12.28
フィンランド最大規模のコンテンポラリーダンスフェスティバル「Moving in November」が閉幕   2005.11.28
27回目を数えるロンドンのコンテンポラリー・ダンス・フェスティバル「ダンス・アンブレラ」が開幕   2005.9.23
スカンジナビア最大の現代音楽祭「ウルティマ・オスロ現代音楽祭」が9月30日に開幕   2005.9.23
第33回メキシコ・セルバンティーノ国際芸術祭2005が10月5日に開幕   2005.9.23
韓国初の見本市「2005ソウルアートマーケット(PAMS)」開催   2005.9.23
「2005日本現代戯曲リーディング」をソウルで開催   2005.8.18
ソウルの秋を彩る「ソウル国際公演芸術祭」が9月23日に開幕   2005.8.18
「血」と「涙」で迎える第59回アヴィニョン演劇祭、7月8日に開幕(フランス)   2005.6.17
第20回シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭が日本特集、7月9日に開幕(ドイツ)   2005.6.17
2005年リンカーンセンター・フェスティバルが7月12日開幕(アメリカ)   2005.6.17
第15回リトアニア国際モダンダンス・フェスティバル(The15th International Festival of Modern Dance in Kaunas、10月6日〜9日)が参加者募集   2005.6.1
独イン・トランジット・フェスティバルが日本のダンスにスポット(6月2日〜18日)   2005.6.1
第33回香港アーツフェスティバル(Hong Kong Arts Festival「香港藝術節」)が閉幕(会期は2005年2月17日〜3月20日)   2005.4.17
キューバの国際音楽見本市「International Fair CUBADISCO 2005」開催(5月21日〜29日)   2005.4.17
シンガポールにてアジア芸術見本市(The Asian Arts Mart)開催(2005年6月3日〜5日)。参加申し込み受付中   2005.4.17

2004.12 − 2005.3
韓国のLabo C.J.Kがプロデュースした松田正隆の岸田戯曲賞受賞作『海と日傘』が、第41回東亜演劇賞作品賞を受賞   2005.3.16
全米&各国のプレゼンターらが一堂に集う業界最大規模の見本市APAP(エイパップ)終了(2005年1月8日〜1月11日/アメリカ・NY)   2005.1.19
「日本におけるドイツ年」(2005−06年)の一環として、ドイツの最新アートトレンドを紹介する日独バイリンガルウェブマガジンが創刊   2005.1.19
舞台芸術ディレクトリー「PAYE」と「MOD」の2005年版が刊行   2005.1.19
南半球恒例の夏フェス、シドニーフェスティバルが年明けに開催(2005年1月8日〜30日/オーストラリア・シドニー)   2004.12.6
第26回ダンス・アンブレラ・フェスティバル閉幕。日本から黒田育世率いるBATIKが初参加(2004年10月5日〜11月27日/イギリス・ロンドン)   2004.12.6
カナダ最大の見本市「CINARS2004」終了。サーカスアートとの出会いが話題(2004年11月16日〜20日/カナダ・モントリオール)   2004.12.6
第32回国際セルバンティーノ芸術祭終了。和太鼓倭が初参加。6,000人を動員(2004年10月6日〜24日/メキシコ・グアナファト)   2004.12.6
TOP
Archive
News from the Japan Foundation
2013.4 − 2014.3
藤間勘十郎演出 国際舞踊プロジェクト「MAU(舞う): J-ASEAN Dance Collaboration」4都市ツアー(2013年11月9日〜28日)   2013.11.16
日本・中国・韓国 国際共同制作作品 演劇「祝/言」8都市ツアー(2013年10月〜2014年1月)   2013.11.16
2013-2014年度「文化芸術交流海外派遣助成」(第2回公募)助成事業決定   2013.9.18
杉本文楽『曾根崎心中』欧州公演(2013年9月27日〜10月19日)   2013.9.17
助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)」2014〜2015年度の募集開始(米国・カナダ・欧州の文化芸術関連団体向け)   2013.8.23
国際交流基金の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)欧州」2013〜2014年度助成団体決定   2013.6.10
2013-2014年度「文化芸術交流海外派遣助成」(第1回公募)助成事業決定   2013.5.31
国際交流基金の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)北米」2013〜2014年度助成団体決定   2013.5.14

2012.4 − 2013.3
日本・韓国・中国 共同制作演劇「祝/言」プレイベント 〜ドラマリーディング&音楽公演及びパネルディスカッション〜 開催のお知らせ(2013年3月8日)   2013.2.28
平田オリザ「青年団」 アンドロイド演劇『さようなら』・ロボット演劇『働く私』北米巡回公演(2013年1月31日〜3月9日)   2013.3.1
国際シンポジウム「地域・社会と関わる芸術文化活動のアーカイブに関するグローバル・ネットワーキング・フォーラム」(2013年2月13日)   2013.1.18
国際交流基金の2012年度海外公演助成(第2回公募)決定   2012.10.17
『平成25年度公募プログラムガイドライン』掲載、申請受付中!/助成プログラム相談会(2012年10月26日)申込受付中(応募締切:10月22日)   2012.10.17
2013-2014年度「文化芸術交流海外派遣助成」の募集開始
(第1回募集締切:2012年12月3日/第2回募集締切:2013年6月3日)
  2012.10.1
舞台芸術分野の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)」2013-2014年度の募集開始(米国・カナダ・欧州の文化芸術関連団体向け)   2012.8.20
国際交流基金の舞台芸術分野の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)」2012〜2013年度助成団体決定   2012.5.15
国際交流基金の2012年度海外公演助成(第1回公募)決定   2012.5.15

2011.4 − 2012.3
震災を乗り越えて〜日本から世界へ〜「東北民俗芸能(湧水神楽、黒森神楽、臼澤鹿子踊)と鬼太鼓座&Musicians」米仏中三カ国公演(2012年3月2日〜3月26日)   2012.3.21
日印舞台芸術公演:KENTARO!!コンテンポラリーダンス(2012年3月16日〜3月24日)   2012.3.21
林英哲中東公演 TAIKO LEGEND- Heart Beat from Japan(2012年2月22日〜3月10日)   2012.2.16
これからの文化セクターにおけるリーダーシップとは─『Cultural Leadership Meeting』─(2012年2月15日)   2012.2.16
2011年度「国際交流基金地球市民賞」受賞団体が決定   2012.2.1
舞台芸術セミナー:日本が変わった日(2012年1月25日/ロンドン日本文化センター)   2012.1.11
アーティスト・イン・レジデンスセミナー「AIR!AIR!AIR! 海外でステップアップを目指せ! 〈ノウハウ編〉」   2011.11.28
クウェート・ヨルダン和太鼓公演(2011年11月23日〜28日)   2011.11.28
江戸写し絵東欧4カ国公演 ─ 蘇る江戸の幻想(2011年11月18日〜28日)   2011.11.28
前田司郎 劇作家トーク&プレイリーディング(2011年11月/ロンドン日本文化センター)   2011.11.28
邦楽東南アジア公演〜Trinity〜(2011年11月)   2011.11.28
琉球-沖縄芸能 大洋州公演 ―CHIMU―(2011年11月)   2011.11.28
大駱駝艦スペイン公演(2011年11月)   2011.11.28
中米・カリブ諸国邦楽公演 ─ OYAMA x NITTA with Special Members(2011年11月)   2011.11.28
『平成24年度公募プログラムガイドライン』掲載、申請受付中!/助成プログラム相談会(10月21日)申込受付中!   2011.10.12
BATIK『ペンダントイブ』フランス公演(2011年10月13日、14日)   2011.10.12
たいらじょうパレスチナ巡回公演 人形劇パフォーマンス「ふしぎな森のトゥウィンクル!」(2011年10月10日〜20日)   2011.10.12
東京文化発信プログラムの1つ、「ミュージック&リズムス」公演団がドイツ・ケルンでワークショップ&コンサートを開催(2011年10月13日)   2011.10.12
民謡南米公演「心を伝える民の謡」(2011年9月14日〜10月2日)   2011.9.9
岩手の黒森神楽がモスクワへ(2011年10月2日、3日)   2011.9.8
バルト三国邦楽公演 ─ 浅野 祥 & アンサンブル(2011年9月12日〜20日)   2011.9.5
トークセッション─ブラジル・ダンス・シーンの現在─身体の回帰するところ(2011年10月13日)   2011.9.5
中央アジア現代邦楽公演 ZATAIVSHIYSYA DRAKON〈眠った竜〉(2011年8月25日〜9月6日)   2011.8.22
国際交流基金 平成23(2011)年度助成事業(PAJ北米)   2011.8.2
国際交流基金 平成23(2011)年度助成事業(PAJ欧州)   2011.8.2
座・高円寺で「能と狂言 現在と未来」上演とフォーラムを開催   2011.6.10
“Celebration of Music”ヴォーカリストSHANTIのコンサートをフランス・ドイツ・スペインで開催(2011年6月)   2011.6.10
高嶺格トーク「Body, Mind, Expression」をロンドンで開催(2011年6月20日)   2011.6.10
国際交流基金 平成23(2011)年度助成事業(海外公演助成)   2011.6.2
DVD「Japanese Music Today」「Japanese Contemporary Theatre and Dance2011」刊行   2011.5.31
パリで前田司郎×Jean de Pange共同制作公演『Understandable?』を上演(2011年5月14日)   2010.5.2

2010.4 − 2011.3
JFICイベントvol.5 国際交流基金招へい・制作 現代演劇作品記録上映シリーズ「記録映像で見るアジア現代演劇──1990年代から2000年代へ」開催のお知らせ(2011年5月21日、5月28日、6月4日、6月11日)   2011.2.23(4.26更新)
〈日本⇔トルコ:わたりゆく音〉Sound Migration(2011年2月12日、14日)   2010.2.4
国際交流基金 平成22(2010)年度助成事業(PAJ欧州)   2011.8.3
国際交流基金 平成22(2010)年度助成事業(海外公演助成)   2010.12.28

2009.4 − 2010.3
“中央アジア・コーカサス巡回邦楽公演”凱旋コンサート「ホーガクなオトコたちとウズベキスタンの歌姫の一夜かぎりコンサート」開催(2010年3月31日)   2010.3.24
北米向け助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)北米」2010年度の公募を開始(2009年11月2日まで)   2009.9.11
欧州向け助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)欧州」2010年度の公募を開始(2009年10月16日まで)   2009.9.11
『NINAGAWA 十二夜』の美術担当、金井勇一郎さん講演会「世界で舞台をつくる」開催のお知らせ(7月18日)   2009.7.14
国際交流基金の2009年度助成事業(海外公演助成)が決定   2009.4.28(2011年8月3日更新)
国際交流基金の2009年度助成事業(PAJ北米)が決定   2009.4.28(7月9日更新)
国際交流基金の2009年度助成事業(PAJ欧州)が決定   2009.4.28(7月9日更新)

2008.4 − 2009.3
白井剛「THECO - ザコ -」がルクセンブルグ公演(2009年3月25日〜31日)   2009.3.31
国際シンポジウム「多元性へ ─グローバリゼーション、アイデンティティ、伝統文化─」開催(2009年2月6日)   2009.2.4
ニューヨークで開催される芸術見本市APAPにてブース出展と邦楽公演とレクチャー開催(2009年1月10日〜)   2008.12.24
2008年度の舞台芸術関係招聘者(2008年12月19日現在)   2008.12.24
2008年度の舞台芸術関係招聘者   2008.8.29
横浜トリエンナーレ出品作品 ティノ・セーガル『Kiss/キス』参加ダンサー募集中   2008.7.2
Performing Arts Network Japanの更新情報   2008.6.20
国際交流基金の2008年度助成事業決定   2008.4.28 (updated on 12.24)
国際交流基金の2008年度助成事業(PAJ北米)が決定   2008.4.28 (updated on 12.24)
国際交流基金の2008年度助成事業(PAJ欧州)が決定   2008.4.28

2007.4 − 2008.3
2007年度下半期舞台芸術関係文化人の招聘(2008年2月〜)   2008.1.22
インド・イラン・ウズベキスタン・日本コラボレーション『<演じる女たち>3部作〜ギリシャ悲劇からの断章〜』 テレビ放映のお知らせ   2007.12.19
『演じる女たち』第3部「ヘレネ」がニューデリーで再演   2007.12.19
2007年度下半期舞台芸術関係文化人の招聘(2007年11月〜)   2007.11.7
イルホム劇場(ウズベキスタン)芸術監督マルク・ヴァイル氏の逝去について(2007年9月7日)   2007.9.28
パリ日本文化会館開館10周年記念『J-Dance Special Solos』開催   2007.8.28
欧州のプレゼンターを対象とした助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)欧州」2008年度の公募を開始(2007年9月1日〜10月12日)   2007.8.28
2007年度上半期舞台芸術関係文化人の招聘(2007年8月〜)   2007.7.30
北米向け助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)北米」2008年度の公募を開始(〜2007年10月29日)   2007.7.30
「日印交流年事業」インド・イラン・ウズベキスタン・日本のコラボレーション『<演じる女たち>3部作〜ギリシャ悲劇からの断章〜』東京・ソウル公演概要(2008年10月〜)   2007.6.30
国際交流基金主催 公演事業(2007年度)   2007.6.30
日本のアーティスト・イン・レジデンス紹介サイト「Japan's AIR Program」リニューアル   2007.6.30
国際交流基金の2007年度助成事業決定   2007.5.24

2006.4 − 2007.3
国際交流基金主催 公演事業(2007年3月〜)   2007.3.23
国際交流基金の2007年度助成事業(PAJ北米)が決定   2007.3.23
国際交流基金の2007年度助成事業(PAJ欧州)が決定   2007.3.23
「アジア現代演劇プロジェクト / コラボレーションとネットワークの未来」開催(3月16日〜21日)   2007.2.16
中央アジアの現代演劇が初来日、ウズベキスタン・イルホム劇場を招聘   2007.1.22
文化交流基礎情報サイトオープン   2006.12.25
国際交流基金主催 公演事業(2006年11月〜)   2006.11.24
2006年11月以降の舞台芸術関係招聘文化人   2006.11.24
2006年10月以降の舞台芸術関係招聘文化人   2006.10.20
国際交流基金主催 公演事業(2006年9月〜)   2006.9.14
2006年9月の来訪者:エジプト・アルサーウィ文化センター館長のムハンマド・アブデルモネム・アルサーウィ(Mohamed Abdel Monem EL SAWY)氏   2006.9.14
欧州向け助成プログラム「Performing Arts Japan(欧州)」の募集を開始   2006.9.14
国際交流基金の2006年度舞台芸術主催・助成事業一覧   2006.9.14
米国向け助成プログラム「Performing Arts Japan(北米)」の募集を開始   2006.9.14
国際交流基金主催 公演事業(2006年7月〜)   2006.7.6
2006年7月の来訪者:フィリピンの振付家、ダンスフォーラム代表のマイラ・ビクトリア・C・ベルトラン(Myra Victoria C BERTRAN)氏   2006.7.6
日本の現代戯曲6作品の英訳台本を発信   2006.6.6
日独共同創造演劇プロジェクト『四谷怪談Yotsuya Ghost Story』が欧州ツアースタート   2006.6.6
青年団『東京ノート』東南アジアツアー・スタート   2006.6.6
国際交流基金主催 公演事業(2006年6月〜)   2006.6.6
国際交流基金主催 公演事業(2006年4月〜)   2006.5.8
国際交流基金の2006年度助成事業決定   2006.5.8
国際交流基金の2006年度助成事業(PAJ北米)が決定   2006.5.8

2005.4 − 2006.3
国際交流基金主催 公演事業(2006年3月〜4月)   2006.3.29
2006年3月の来訪者:Beiteddine Festival会長、ジュンブラット・ノーラ(Joumblatt Nora)氏   2006.2.28
国際交流基金の2006年度助成事業(PAJ欧州)が決定   2006.2.28
国際交流基金主催 公演事業(2006年2月〜3月)   2006.1.31
国際交流基金主催 公演事業(2006年1月〜3月)   2005.12.28
国際交流基金主催 公演事業(11月〜2006年1月)   2005.11.28
英語版邦楽演奏家ガイドブックのデータをサイトにアップ   2005.10.22
英語版邦楽演奏家ガイドブック「Performing Arts in Japan: Traditional Music Today」刊行   2005.9.23
国際交流基金主催 公演事業(9月〜11月)   2005.9.23
欧州のプレゼンターを対象とした新規助成事業パフォーミング・アーツ・ジャパン(欧州)、2006年の企画を募集中   2005.9.23
国際交流基金の協力イベントのお知らせ:第3回アジア・ヨーロッパ・ダンス・フォーラム   2005.8.18
国際交流基金の協力イベントのお知らせ:芸術分野海外研修サポートプロジェクト「シンポジウムvol.2 海外で学ぶ」   2005.8.18
国際交流基金主催事業(8月〜10月)   2005.7.20
北米地域を対象とした助成事業PAJプログラムの申請受付中   2005.7.20
国際交流基金の2005年度助成事業(追加助成公演決定)   2005.7.20
和太鼓とドラムのコラボレーション、ユニット「ヒダじんぼ」が東欧公演   2005.6.17
能楽がエジンバラフェスのオープニングに正式招待   2005.6.17
国際交流基金主催事業(5月〜7月)   2005.5.17
国際交流基金戯曲翻訳プロジェクト=松尾スズキ『マシーン日記』英訳完成   2005.5.17
2005年4月の来訪者:ジャカルタ・アーツ・カウンシル代表、ラトナ・サルンバエットRatna Sarumpaet氏   2005.4.17
国際交流基金の2005年度助成事業決定   2005.4.17

2004.12 − 2005.3
2005年3月の来訪者:マレーシア「ファイブアーツセンター(Five Arts Centre)」代表、マリオン・ドゥクルーズMarion D'Cruz氏   2005.3.16
日韓友情年記念・ソウルで音楽、アート、映像など日韓アーティストによるオールナイトイベント「ジャパン・コリア・ロードクラブフェスティバル(J-Style in Seoul Street)」を開催   2005.2.24
アジア現代演劇コラボレーションプロジェクト・16名の演劇人が3年間準備したワークショップ作品『ホテル グランド アジア』上演   2005.2.24
国際交流基金ロンドンオフィス主催により2月から11月まで日本の舞台芸術セミナー・シリーズを開催   2005.2.24
2005年1月から「日本・EU市民交流年」がスタート   2005.1.19
戯曲翻訳事業の成果を活用、井上ひさし作『父と暮せば』英訳によりドラマリーディング実施   2005.1.19
12月の来訪者/フランスのアンギャン・レ・バン・アートセンター・ディレクター、ドミニク・ローランド氏 Dominique Roland/国際フォーラム「アートとテクノロジー」に日本のカンパニーの参加を希望   2005.1.19
南アジア5カ国コラボレーション『物語の記憶』東京公演終了   2004.12.6
宮本亜門演出のミュージカル『太平洋序曲(Pacific Overtures)』がニューヨークで開幕   2004.12.6
中東紹介プログラムを強化。地中海アラブ音楽シリーズでイラク出身のウード奏者ナスィール・シャンマNaseer Shammaを招聘   2004.12.6
アヴィニョン・フェスティバル・ディレクター、ボードリエールBaudriller氏来日   2004.12.6
国際交流基金の海外公演助成事業が2期募集開始   2004.12.6
TOP