地域
団体名(国)
事業名
出国日〜帰国日
開催国
開催都市
事業内容
1 東アジア 財団法人東京交響楽団 東京交響楽団創立60周年記念北京公演 2006.5.9−13 中国 北京 クラシック音楽。北京で開催される国際芸術祭「Meet in Beijing」に参加、中国人ソリストとの共演などの交流を行う。
2 東アジア NPO法人 奈良能 日本の伝統芸能・能楽・モンゴル初公演 2006.6.5−11 モンゴル ウランバートル 古典芸能。モンゴル建国800年を記念し、国立オペラバレー劇場で能楽を公演する。
3 東アジア 財団法人金剛能楽堂財団 日中友好文化交流 能楽公演 2006.9.3−8 中国 上海、洛陽、北京 古典芸能。能楽と狂言を上海、洛陽、北京の3都市で行う。
4 東アジア 響ホール室内合奏団 響ホール室内合奏団 2006 アジアツアー 2006.10.20−30 韓国、カザフスタン ソウル、アルマティ クラシック音楽。北九州市内で活躍する若手演奏家育成のため結成され、同市のホールを活動の拠点とする弦楽合奏団のコンサート。クラシック曲だけでなく尺八を加えるなど日本文化を加味した構成。
5 東南アジア 特定非営利活動法人アンネフォール ニュープロジェクトグループ「ボルヘスプロジェクト 2006」 2006.5.12−29 フィリピン マニラ、ラグナ 現代演劇。ITIの31回世界大会(マニラ)に付随して行われる国際共同制作企画の日本代表。8ヵ国(アジア地域ではフィリピンと日本のみ)が、ホルヘ・ルイス・ボルヘス作「円環の廃墟」を題材に20分程度の小作品を創作し、最後にマニラで一つにまとめるもの。本大会はこの他、国際劇作家コンペティション、マニラ芸術祭などが併催される。
6 東南アジア 有限会社アゴラ企画・青年団 青年団『東京ノート』東南アジアツアー 2006.6.20−7.5 タイ、マレーシア、インドネシア バンコク、クアラルンプール、ジャカルタ 現代演劇。「東京ノート」を、各国語字幕付きで上演。各地でワークショップも実施予定。
7 東南アジア 湯井麻里子 琴 公演 Japan Festival 2006 in Vietnam 2006.8.20−26 ベトナム ハノイ 邦楽。ベトナムのハノイで開催される「ジャパン・フェスティバル2006」で、筝や尺八を演奏する。
8 東南アジア KEMURI KEMURIベトナム公演 2006.8.20−24 ベトナム ハノイ 音楽(ポップス)。伊藤ふみお(ボーカル)を中心とするスカバンドで、ベトナムのハノイで開催される「ジャパン・フェスティバル2006」で演奏する。
9 東南アジア TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA 日越交流音楽団ベトナム公演 2006.8.20−24 ベトナム ハノイ 音楽(ポップス)。東京スカパラダイスオーケストラが、ハノイで開催される「ジャパン・フェスティバル2006」で演奏。
10 東南アジア FUTURESHOCK ベトナムにおける日越交流ヒップホップステージ 2006.8.21−24 ベトナム ハノイ 音楽(ヒップホップDJとダンス)。ベトナムのハノイで開催される「ジャパン・フェスティバル2006」に出演。
11 東南アジア 合資会社シアターマトリックス 坂口安吾原作「夜長姫と耳男」アジア公演 2006.12.1−12 タイ、マレーシア、パキスタン、フィリピン、カンボジア バンコク、クアラルンプール、ラホール、マニラ、プノンペン 現代演劇。坂口安吾原作「夜長姫と耳男」を、タイのフリンジ・フェスティバル、パキスタンのRafi Peer Theatre Workshop等で上演。
12 南アジア イプセンを上演する会 イプセンを上演する会バングラデシュ公演 2006.5.8−17 バングラデシュ ダッカ 現代演劇。俳優・西田正が中心となるグループが、バングラディッシュで開催される「イプセン国際演劇祭:センターフォーアジアシアター(CAT)主催」に招聘され、イプセン作「Ghosts」を上演する。
13 南アジア 財団法人晃麗邦楽会 晃麗邦楽会 ブータン・インド公演 2006.10.27−11.4 ブータン、インド パロ、ニューデリー 邦楽。ブータン、インドで邦楽公演を実施する。編成は、筝、十七絃、尺八によるアンサンブルに歌、朗読、日本舞踊を行う。
14 南アジア 徳島ネパール友好協会 日本ネパール国交樹立50周年祝賀公演 2006.11.26−12.3 ネパール カトマンズ、ポカラ、ビラトナガール 民俗芸能ほか。日ネパール国交樹立50周年の祝賀式典の一環として、「阿波踊り」と「和太鼓」を披露する。
15 大洋州 橋岡 久春 ニュージーランド能公演 2006.4.1−12 ニュージーランド クライストチャーチ、パーマストンノース、オークランド 古典芸能。能装束を含めた日本の文化財が展示される東京国立博物館展“Splendours of Japan”がウェリントンのテパパ博物館で行われるのにあわせて、ニュージーランドで初めての本格的な能公演を実施。演目は「土蜘蛛」「高砂」。
16 大洋州 社団法人落語芸術協会 豪州寄席 2006.5.17−27 オーストラリア シドニー、キャンベラ、メルボルン 民俗芸能(落語ほか)。落語2席(三笑亭茶楽、三遊亭円丸)、のこぎり漫談(都家歌六)、紙切り(林家今丸)、によるミニ寄席。現地大学にて英語字幕付または英語を使って演じる。
17 大洋州 ”日豪交流年2006記念”〜『オペラ「かぐや姫」日豪公演実行委員会』 日豪交流年2006・記念公演 オペラ「かぐや姫」 2006.6.5−18 オーストラリア キャンベラ クラシック音楽(オペラ)。日豪交流年を記念して、平井秀明作曲・台本によるオペラ「かぐや姫」をキャンベラで実施する。キャンベラ交響楽団の招聘により、日本側(指揮者、演出家、声楽家)と豪州側(ソリスト、合唱)との共同により日本語上演する。
18 大洋州 天理大学雅楽部 天理大学雅楽部 第18回海外公演(オーストラリア、マレーシア) 2006.7.10−21 オーストラリア、マレーシア メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、クアラルンプール 邦楽(雅楽)。天理大学雅楽部の定期海外公演。マレーシアでは、国際音楽教育学会の総会で演奏。
19 大洋州 日本ニュージーランド協会(関西) 第5回ウエリントン日本祭 2006.8.20−25 ニュージーランド ウェリントン 民俗芸能(浪曲)。関西を中心に活躍する浪曲師・京山小圓嬢、菊池まどか、三味線曲師・一風体初月が第5回ウェリントン日本祭において公演。ニュージーランドで浪曲が紹介されるのはこれが初めて。
20 大洋州 下関舞踊協会 下関舞踊協会 豪州派遣交流事業 2006.8.21−31 オーストラリア ブリスベン、ゴールドコースト、キャンベラ 日本舞踊。豪州でのジャパンウィークにあわせ、現地の大学やモールで日本舞踊公演およびワークショップを行う。メンバーは花柳佳寿広会社中。
21 大洋州 東京JAZZ実行委員会 日豪交流年特別公演 「日豪交流JAZZオーケストラ」プロジェクト オーストラリア公演 2006.8.31−9.8 オーストラリア メルボルン、ブリスベン、シドニー 音楽(ジャズ)。日豪交流年を記念し、日本とオーストラリアで活躍する若手及び一流ミュージシャンの混合バンドを結成、両国をツアーする。日本側音楽プロデューサー:クリヤマコト、出演者:寺井尚子(バイオリン)、大坂昌彦(ドラム)、納浩一(ベース)、小沼ようすけ(ギター)、上妻宏光(三味線)、熊谷和徳(タップ)、太田剣(サックス)。
22 大洋州 特定非営利活動法人ダンスボックス インク 2006.9.15−26 オーストラリア メルボルン、シドニー コンテンポラリー・ダンス。関西を拠点に活動する北村成美が、'03年にオーストラリアのフィジカルシアター・アーティストKate Denboroughと共同制作した"INK"を練り直し、Gerald Van Dyckらとともに完成させ、日豪両国で上演する。'06年2月にメルボルンで共同制作を行った後、大阪・松山・横浜で上演し、最後にメルボルン・シドニー公演を行う計画。
23 大洋州 株式会社エントランス 2006パース・ロイヤル・ショー「日本パビリオン」『宮西 希』筝コンサート 2006.9.30−10.7 オーストラリア パース 邦楽(筝曲)。パースロイヤルショー日本パビリオンにおいて、伝統的邦楽にとらわれずJ-trad popを提唱する宮西希のコンサートを行う。
24 大洋州 財団法人日本太鼓連盟 オーストラリア日本太鼓公演 2006.10.1−17 オーストラリア タウンズビル、ブリスベン、シドニー 邦楽(和太鼓)。御殿場市の富岳太鼓が、シドニー・ダーリングハーバーで開かれる日豪交流年記念事業「日本の祭」に参加するほか、豪州内を巡回。
25 大洋州 寺崎はねこ踊り保存会 2006年日豪交流年「日本の祭り」 2006.10.12−17 オーストラリア シドニー 伝統芸能(はねこ踊り)。日豪交流年事業「日本の祭り」に参加し、ダーリング・ハーバーにおいて、石巻市の無形文化財である「はねこ踊り」を披露する。
26 大洋州 琉球國祭り太鼓 2006年日豪交流年「日本の祭り」 2006.10.13−17 オーストラリア シドニー 民俗芸能。日豪交流年事業「日本の祭り」に参加し、ダーリング・ハーバーにおいて、沖縄の伝統芸能エイサーを基本として、空手の型を取り入れた独自の振付による琉球國祭り太鼓の演奏を行う。
27 大洋州 財団法人石川県音楽文化振興事業団 オーケストラ・アンサンブル金沢 オーケストラ・アンサンブル金沢オーストラリア公演 2006.10.17−26 オーストラリア、シンガポール、中国 ジーロング、メルボルン、シンガポール、マカオ クラシック音楽(交響楽)。日豪交流年にあたり、ビクトリア州文化省の要請によりメルボルン国際芸術フェスティバルに参加する。指揮:岩城宏之、ピアノ:児玉桃、オーボエ:ダイアナ・ドハティ(シドニー交響楽団首席奏者)。
28 大洋州 UNO-MAN+COMPANY 日豪交流年2006 日豪ダンスコラボレーションプロジェクト「WONDERLUST」 2007.1.20−2.12 オーストラリア シドニー、アデレード、パース 現代舞踊。日豪交流年を記念して、豪州のリー・ウォーレンと日本の宇野萬の共同演出により作品「WONDERLUST」を日豪混合メンバーにより上演する。山口市での3週間にわたる製作期間を経て、日本公演(山口・東京)の後、豪州3都市で公演する。
29 北米 徳江尚子 徳江デュオ 米東海岸公演 2006.4.4−14 アメリカ エンライコ、リッチモンド、ワシントンDC 音楽(クラシック音楽)。ヴァイオリニストの徳江尚子とピアニストの徳江陽子が、武満徹の作品を紹介し,日本の現代曲をアピール。また、米国の現代作曲家チャールズ・アイブスの作品も取り上げる。
30 北米 伊東篤宏 イメージズ フェスティバル2006 2006.4.19−29 カナダ、アメリカ トロント、デトロイト、ニューヨーク、ケベック 音楽と映像。カナダ・トロントで開催される「IMAGES FESTIVAL 2006」からの招聘公演。日本の先鋭的なメディア、サウンドアーティストとして伊東篤宏らが紹介される。トロント公演の後、米国にも巡回する。
31 北米 TAICHI-KIKAKU TAICHI-KIKAKUモントリオール(カナダ)身体詩公演とワークショップ 2006.5.16−29 カナダ モントリオール 現代演劇。身体詩(言葉を使わない劇)を創作しているTAICHI-KIKAKUが、2006年5月のモントリオール日本月間に、「金色の魚〜輪廻〜」(2005年12月初演作品)を公演。また、大学では,身体詩ワークショップを実施。
32 北米 柳家さん喬 落語・紙切りの寄席演芸米国公演 2006.7.2−10 アメリカ ミドルベリー、ボストン 民俗芸能(落語ほか)。米国2大学において、日本語学習者を対象に落語と紙切りの公演・ワークショップを実施。現代に生きる「話芸」の世界に触れることにより,日本語、日本文化の理解を深めてもらうことを目的とする。
33 北米 株式会社イチマルマルニ 東京アンサンブル バンクーバー・フェスティバル2006 2006.8.4−14 カナダ バンクーバー クラシック音楽。東京アンサンブルが、カナダ西部最大の音楽フェスティバルであるバンクーバーフェスティバルの招聘を受け、現地の演奏者との共演や、武満徹、團伊玖麿の作品を演奏。
34 北米 鵜澤久とその能グループ 北米とカナダの大学における能公演及びワークショップの実施 2007.2.14−24 カナダ、アメリカ バンクーバー、クリーブランド、ピッツバーグ 古典芸能。米国及びカナダの大学において能を演技者の側から公演やワークショップを通して紹介。ワークショップでは、身体の使い方や声の出し方などを実際に体験させる。
35 南米 長唄囃子の会 長唄囃子の会演奏会 南米公演 2006.6.7−21 ブラジル、アルゼンチン リオデジャネイロ、サンパウロ、ポルトアレグレ、ブエノスアイレス、モジ・ダス・クルーゼス 邦楽。ブラジル、アルゼンチンにおいて日本の伝統音楽である長唄・囃子・日本舞踊の演奏会、ワークショップ、指導を実施。また、非日系の合唱団とのジョイント交流も開催。
36 南米 ひのき屋 たいこ楽団ひのき屋ブラジルツアー 2006.8.17−30 ブラジル ポルトアレグレ、ペロタス、リオグランデ、サンタマリア、カシアスドスル、フロリアノポリス 邦楽。和太鼓楽団ひのき屋による、ブラジル・リオグランデスル州都ポルトアレグレ他4都市及びサンタカタリーナ州1都市公演。本ツアーは、日本人移住50周年を記念するもの。
37 南米 上野淳子ギャレット レクチャーコンサート「日本〜音楽の旅」 2006.9.9−23 ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ サンパウロ、リオデジャネイロ、ベロ・オリゾンテ、ブラジリア、ブエノスアイレス、モンテビデオ クラシック音楽。ロサンゼルス在住のピアニスト・大学講師の上野淳子ギャレットによる南米3カ国公演。コンサートでは、日本における西洋音楽受容について説明を行いながら、日本の作曲家ピアノ作品を紹介。
38 南米 ZI-PANG ZI-PANGコロンビア公演2006 2006.9.26−10.11 コロンビア ボゴダ、カリ、メデジン 邦楽。林田博幸を中心とした和太鼓ユニットZI-PANGによるコロンビア3都市公演。コロンビアの打楽器奏者等と共演、ZI-PANGの楽曲演奏と供にコロンビアの音楽を演奏。また、カリでは、小中学生を対象とした公演を実施。
39 西欧 魁文舎 日韓コラボレーション 金梅子×大野慶人 フランス公演 2006.4.4−10 フランス パリ 現代舞踊。韓国の舞踊家・金梅子(キム・メジャ)と日本の舞踊家・大野慶人が、コラボレーション作品をパリ日本文化会館にて上演。2人の舞踊家の交流は10年に以上に及ぶ。韓仏交流年を記念する行事の一つである。
40 西欧 足立智美 第5回国際krikri複合詩フェスティバル出演およびスタイムでのレクチャー・デモンストレーション 2006.4.19−5.19 ベルギー、スイス、オランダ ゲント、ジュネーブ、アムステルダム 音楽(音響詩)。足立智美による身体とコンピューターを使ったサウンド・パフォーマンス。ゲントの音響詩フェスティバルであるKrikriフェスティバルに参加するほか、パフォーマンス・アートのスタジオSTEIMでのレジデンス及びレクチャーを行う。
41 西欧 プログラム「対話する詩」 アイルランド・英国 国際ポエトリ・リーディング・ツアー 2006.4.26−5.7 アイルランド、イギリス ダブリン、コーク、ゴールウェイ、オックスフォード 現代演劇。ポエトリー・リーディング。詩人の高橋睦朗と、若手の四元康祐(ミュンヘン在住)による詩の本人による朗読と、その英訳を、現地の詩人が朗読する。アイルランド、英国で開催。また現地の詩人も自作を朗読。
42 西欧 江川太鼓同好会 パリ・島根 牡丹祭り 2006.4.26−5.3 フランス パリ 邦楽。パリ市主催「パリ・島根 牡丹フェスティバル」のイベントにて、島根県の江川太鼓が公演。
43 西欧 石見神楽 川本合同社中 パリ・島根 牡丹祭り 2006.4.26−5.2 フランス パリ 民俗芸能。パリ市主催「パリ・島根牡丹フェスティバル」にて、石見神楽「八岐の大蛇」を公演。
44 西欧 エレオノーレ弦楽四重奏団 エレオノーレ弦楽四重奏団 ヨーロッパ公演 2006.4.28−5.11 ドイツ、オーストリア ラプツィヒ、ボン、ノティンゲン、アルンスベルク、ウィーン クラシック音楽。エレオノーレ弦楽四重奏団による欧州ツアー。ボンのベートーヴェン研究所及びライプツィヒのメンデルスゾーン記念館等からの招聘公演。
45 西欧 が〜まるちょば が〜まるちょば英国デヴューツアー 2006.5.1−7.1 イギリス ノッティンガム、スロウフ、タンブリッジ、ブライトン、ダービー、チッピンノートン、レディング 現代演劇。昨年のエディンバラ・フリンジで好評を得たというパントマイムの喜劇グループ「が〜まるちょば」が、英国のプロデューサーの招聘により、7箇所で公演を行う。
46 西欧 吉阪一郎 吉阪一郎「BEFORE MAYBE」フランスツアー 2006.5.4−15 フランス ポー、パリ 現代舞踊。フランス政府派遣アーティストとしてVilla九条山に滞在経験のある美枝コカンポーと、能楽師の吉阪一郎が、デュエット作品を制作。映像、13世紀の音楽、オリジナルの音楽を採り入れる。パリ日本文化会館にて上演。
47 西欧 人形芝居 燕屋 「シアタートライアングル」スペイン公演 2006.5.4−25 スペイン バリャドリッド、アビラ、ブルゴス、パレンシア、ソリア、マドリード、セゴビア、サラマンカ、レオン、パンプローナ 人形劇。セゴビアで開催される第20回国際人形劇フェスティバル・ティティリマンディに参加するほか、スペインの複数箇所で公演する。上演作品は「シアタートライアングル」。
48 西欧 日仏共同制作プロジェクト「Focus」公演団 横浜ダンスコレクションR 日仏共同制作プロジェクト「Focus(フォーカス)」 2006.5.6−20 フランス マントラジョリ、サントゥアン、アンギャン・レ・バン 現代舞踊。2005年横浜赤レンガ倉庫で、フランス人演出家ヴェロニク・ケイと横浜市財団が村上龍の「ライン」を上演したが、これに続く共同制作の第二弾として、カメラマン、ロバート・キャパの一生を検証する舞台作品「Focus」を上演。
49 西欧 大江戸助六太鼓 大江戸助六太鼓コンサートツアー2006『啖呵っ囃子』 2006.5.10−6.10 フランス、モロッコ コールマール、サン・ドニ、パルピニャン、ダックス、シャトルロー、ボルドー、フェズ、ラバト 邦楽。フランス各地でのフェスティバル、モロッコのフェズ、ラバトでのフェスティバルに参加して和太鼓の公演を行う。フランスのプロデューサー「ジャズ・マッチ」が受け入れ元。
50 西欧 江戸太神楽 丸一仙翁社中 江戸太神楽丸一仙翁社中フランス公演 2006.5.11−20 フランス ヴァンセンヌ、ディジョン、ブーローニュ、サン・ドニ、パリ 民俗芸能(太神楽)。パリ日仏文化センター主催「鯉のぼり 2006 世界子供の日」に参加し、獅子舞や曲芸の公演と子供を対象としたワークショップも開催。
51 西欧 有限会社スーパーボーイ 橋本一子トリオwith八木美知依&白河直子 2006.5.18−25 ドイツ デュッセルドルフ、ケルン、ベルリン、フランクフルト 音楽(ジャズ、筝、ダンスの複合)。橋本一子ジャズトリオが、筝の八木美知依、舞踊の白河直子と共演する。デュッセルドルフでの大型日本行事「Japan Day」に参加。橋本一子トリオはケルン等他3都市への公演も予定。
52 西欧 出雲国大原神主神楽保存会 ドイツにおける神楽公演 2006.5.25−6.8 ドイツ ドレスデン、ケルン、マルクトオーバドルフ 民俗芸能(神楽)。出雲国大原神主神楽保存会により、神楽公演を行う。ドレスデン音楽フェスティバル、国際宗教音楽祭等に参加。
53 西欧 有限会社エディター・プロダクツ 日独共同演劇創造プロジェクト「四谷怪談」 2006.6.1−26 ドイツ、オーストリア、オランダ ミュンヘン、ウィーン、アムステルダム 現代演劇。鶴屋南北の「四谷怪談」を現代に置き換え、ドイツの演出家と日本の俳優、スタッフにより共同制作された作品の欧州ツアー。ウィーン芸術祭、オランダ芸術祭等に参加。
54 西欧 坪川拓史 くものすカルテットヨーロッパ公演 2006.6.9−24 イタリア、ドイツ、パリ ローマ、トリノ、ケルン、パリ 音楽。映画監督・坪川拓史による無声映画作品に弁士、音楽を合わせた、くものすカルテットによる公演。
55 西欧 竹村ノブカズ ソナー2006 2006.6.13−17 スペイン バルセロナ 現代音楽+映像。竹村ノブカズによる音と映像のパフォーマンス。「ソナー・フェスティバル2006」への参加。
56 西欧 HIFANA ソナー2006 2006.6.14−18 スペイン バルセロナ 音楽(クラブミュージック)と映像。KEIZOmachine!とジューシーによるブレイクビーツユニットHIFANA が「ソナー・フェスティバル2006」に参加する。
57 西欧 国際融合文化学会 日本・アイスランド国交樹立50周年記念能公演 2006.6.18−28 アイスランド、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、 レイキャビック、コペンハーゲン、オスロ、ストックホルム 古典芸能。能楽。2001年から、日英二ヶ国語で能公演を行っている国際融合文化学会が、アイスランドと日本の国交樹立50周年を記念して、英語能「ハムレット」、舞囃子『羽衣』などを、デンマーク、スウェーデン、英国で上演。観世栄夫、野村万作らが出演。
58 西欧 パスカルズ パスカルズ 2006.6.24−8.1 フランス、イタリア、ドイツ、イギリス ミュルーズ、ディジョン、ベルフォール、モントルー、アルル、レンヌ、パリ、アンジェ、ボローニャ、レッジョ・エミリア、グアスタリャ、ナポリ、ブレーメン、カッセル、イエナ、クレムス、ニュルンベルグ、コンスタンツェ、レディング 音楽(クロスオーバー)。ヴァイオリン、ギターなどアコースティック楽器編成のオーケストラ「パスカルズ」(彼等を絶賛したパスカル・コムラード氏の名に因む)によるフランス、イタリア、ドイツ、英国の各都市での公演。フランスの人気ミュージシャン・カミーユと共演予定。
59 西欧 藤井昭子City of London Festival 地唄筝曲公演実行委員会 シティー・オブ・ロンドン.フェスティバル 日本イヤー 地歌公演プロジェクト 2006.7.8−14 イギリス ロンドン 邦楽。「日本特集」を組むシティ・オブ・ロンドン・フェスティバルに、三絃筝曲の藤井昭子をはじめ尺八の徳丸祐二等が参加。「秋の言の葉」「残月」「尾上の松」などを演奏。
60 西欧 『元祖ハムレット』日本実行委員会 『元祖ハムレット』公演 2006.7.14−8.16 イタリア、デンマーク ラヴェンナ、ホルスタブロ、エルシノア 現代演劇。デンマークのオーディン劇団が中心となり、バリ宮廷音楽家やブラジル、インド、日本等の俳優・音楽家が参加し、新作「元祖ハムレット」を制作・上演する。日本からは能楽師の松井彬等が出演。ラヴェンナ・フェスティバル、ハムレット・サマー・フェスティバルに参加。
61 西欧 ROVO ROVO ヨーロッパ・ツアー2006 2006.7.15−24 デンマーク、オランダ、ドイツ、ポーランド コペンハーゲン、アムステルダム、ケルン、ワルシャワ 音楽。ROVOは、ヴァイオリン、ギター、ドラムなどで編成されるバンドで、C.G.を駆使した映像とともに演奏する。デンマーク、オランダ、ドイツ、ポーランドを巡回する。
62 西欧 Arts Network 4th Skin ダンツァウルバナ2006 日伊交流企画 2006.8.14−9.12 イタリア ボローニャ 現代舞踊。ボローニャの国際ダンスフェスティバルDanza Urbanaのプログラムの一環として日本のコンテンポラリーダンサー(黒沢美香、大橋可也、東野祥子、北村成美、森下真樹)による公演と、日本の批評家(内野儀、国吉和子、桜井圭介)の参加する日伊の舞台芸術に関するシンポジウムを実施。
63 西欧 佐々木光隼 津軽三味線ドイツ親善公演 2006.9.5−19 ドイツ ロストッロック、ベルリン、フランクフルト、ビーレフエルト、ブランシュバイク、デュセルドルフ、ボン、ハレ、レーゲンスブルク、オルデンブルク、パッサウ、ミュンヘン 邦楽。廣原武美を中心とするグループが津軽三味線の公演をドイツ12都市で行う。日本の伝統文化に関する講演会も実施。
64 西欧 有限会社空中庭園 能ジャンクション『当麻』『葵上』 2006.10.2−9 フランス パリ 現代演劇。渡邊守章が主宰し、定期的にフランスで公演を行う「空中庭園」が、文学、音楽の分野から、それぞれ折口信夫、湯浅譲二との共同制作で「当麻」「葵上」を上演。観世栄夫らが出演。
65 西欧 ファイブ・ディー株式会社 フランスアルザス州日本学研究所設立5周年交流事業 江戸糸操り人形芝居「牡丹燈籠」と尺八と室内楽「鷺娘」 2006.11.14−12.1 フランス、ドイツ、スイス コルマール、ミュールーズ、フライブルグ、ジュネーブ、フランクフルト 人形劇+邦楽器。江戸糸操り人形師と尺八室内楽との共演により「牡丹燈籠」「鷺娘」を上演。アルザス日本学研究所設立5周年記念事業の一環として企画され、アルザス地方数都市とスイスを巡回。
66 東欧 飯塚節子オペラ・グループ 飯塚節子オペラ・グループ 2006.4.3−20 ルーマニア ヤシ 音楽(オペラ)。ヤシ国立歌劇場でオペラ共同制作公演を実施。演目はプッチーニ『トスカ』。
67 東欧 藤間蘭黄 日本舞踊 極東ロシア公演・ワークショップ 2006.4.4−11 ロシア ウラジオストク 舞踊(日本舞踊)。ウラジオストクで「松の羽衣」を中心として日本の伝統に基づく日本舞踊の公演を実施。同地の日本舞踊愛好会「佑基蘭」などに対するワークショップも実施。
68 東欧 ダンスカンパニーノマド〜s ダンスカンパニーノマド〜s ヨーロッパツアー2006 2006.5.18−6.4 ドイツ、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、モルドバ アーヘン、ブダペスト、シビウ、ヴァルナ、キシノウ 現代舞踊。「顔と歴史−ひとつの小さな夜」を、ドイツ、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、モルドバの劇場や美術館、博物館などのスペースを生かして公演。シビウ国際演劇フェスティバルほか、各地フェスティバルに参加。
69 東欧 片岡通人 舞踊振付 2006.5.31−6.30 クロアチア ザグレブ 現代舞踊。振付作品「いのち」(音楽:池辺晋一郎)をクロアチア国立劇場バレエカンパニーが再演。
70 東欧 札幌こどもミュージカル育成会 札幌こどもミュージカル欧州音楽交流事業 2006.4.20−28 ポーランド、イタリア ワルシャワ、ニエポカラヌフ、ローマ こどもミュージカル。オペレッタ「ニンゲン・コレ・ミナ・オナジ〜ゼノさんとこどもたち〜」(細川眞理子作)や歌曲、ポーランドの子どもの歌などを上演。ポーランド各地での公演のほか、ヴァチカン法王庁でのローマ法王御前公演も予定。
71 東欧 BuBu de la Madeleine 「白旗と木村さん」公演 2006.4.23−5.11 クロアチア、ドイツ ザグレブ、リエカ、ベルリン パフォーマンス。クロアチアの「クイアー・ザグレブ・フェスティバル」、「リエカ・アートフェスティバル」、ベルリンの「b-books/MONDAY exercise」の招聘を受け、ダムタイプ出身のブブ・ド・ラ・マドレーヌ、アキラ・ザ・ハスラーによるパフォーマンス等を実施。
72 東欧 有限会社 ジュワン ドゥミルキャトル 「源氏」 2006.6.1−17 ロシア、ノルウェー、アイスランド モスクワ、ベルゲン、レイキャビック 舞踊。坂東扇菊(日本舞踊)と近藤良平(現代舞踊)のコラボレーションにより、「葵上」を題材にした作品を発表。音楽には声明、雅楽、チェロを使用。
73 東欧 財団法人日本舞踊振興財団 日本舞踊ロシア・イギリス公演 2007.3.1−18 ロシア、イギリス モスクワ、サンクトペテルブルグ、ロンドン、エジンバラ 伝統芸能(日本舞踊)。ロシア・イギリス計4都市で公演を実施。演目は、素踊り舞踊「扇櫻」、古典舞踊「常盤津―京人形」、創作舞踊「熊谷蓮生―侍直実」。
74 北アフリカ 翁長巳酉 板橋文夫ウルトラ・ミックス・ダイナマイト 北アフリカツアー 2006.9.19−10.1 モロッコ、チュニジア ラバト、カサブランカ、チュニス 音楽。板橋文夫(ピアノ)率いるジャズ・ユニットに松田隆行(津軽三味線・唄)を加えた「板橋文夫ウルトラ・ミックス・ダイナマイト」が北アフリカ諸国でジャズと邦楽を共演する。板橋、松田のほか、井野信義(ベース)、小山彰太(ドラム)、翁長巳酉(パーカッション)が参加。