The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Vol. 134 Updated : 2018.12.12
Performing Arts Network Japan(PANJ)の公式twitterアカウントの運用を開始しました。
https://twitter.com/performingartjp
Performing Arts in JapanInternational Presenter
   
 
Artist Interview アーティストインタビュー
アーティストインタビュー:藤原ちからのリアルゲームブックが問いかけたものとは?
藤原ちから編集者としてのバックグラウンドをもつ批評家、アーティストの藤原ちから(1977年生まれ)。2014年に発表した『演劇クエスト』は、現実のまちを舞台にしたリアルゲームブック「冒険の書」を手がかりに、参加者がまちを巡るプロジェクト。ファミコンRPG世代の藤原による新たな演劇的チャレンジについてインタビュー。
アーティストインタビュー:“口喧嘩のドラマツルギー  横山拓也の言葉力
横山拓也立場や事情の異なる人の葛藤を、関西弁のテンポと笑いを交えた論理的な思考による会話劇に仕立てる劇作家・演出家の横山拓也(1977年生まれ。iaku代表)。2009年に屠場の職人たちの葛藤を描いた男3人芝居『エダニク』で注目されて以来、登場人物たちが普段押さえ込んでいる気持ちを吐き出す会話や口喧嘩により社会の矛盾に迫る作品を多数発表。「読むだけで人の心を動かす会話」を目指すという横山の軌跡に迫る。
アーティストインタビュー:“宇宙的郷愁”を操る奇想のアーティスト、天野天街
天野天街劇作、演出、映画監督、コラージュ、イラストレーションなど、多岐にわたる創作活動を展開する奇想のアーティスト、天野天街。名古屋を拠点にした少年王者舘を率い、独特のセリフ術、自動人形のような幾何学的ダンス、美術・音楽・照明・映像・音響が渾然一体となったどこか懐かしいイメージの “アマノワールド”を展開。“宇宙的郷愁”を操る天野のルーツを探るロングインタビュー。
   
Presenter Interview プレゼンターインタビュー
プレゼンターインタビュー:新たなアーティスト・コミュニティを目指すアルカンタラ・フェスティバル
今や欧州屈指の観光地となったリスボンで隔年開催されているのが、国際的なコンテンポラリー・パフォーミングアーツ・フェスティバル「アルカンタラ・フェスティバル(Alkantara Festival)」だ。グルベキアン財団の支援に端を発したポルトガル・ニューダンスからフェスティバルの現状まで、共同芸術監督のダヴィド・カベシーニャ(David Cabecinha)にインタビュー。
プレゼンターインタビュー:カナリア諸島で世界がつながる国際ダンスフェスティバル「マスタンザ」
中南米への中継地としての歴史をもち、近年は観光地として知られるスペイン領カナリア諸島自治州。1996年に地元振付家のためのコンペティションとしてスタートした「マスダンザ(MASDANZA)」が、各国のダンスフェスティバルとのネットワークを構築した国際プラットフォームに発展し、注目されている。創設者で芸術監督のナタリア・メディナにインタビュー。
プレゼンターインタビュー:ギリシャのコンテンポラリー・シーンの起爆剤 アテネ・オナシス文化センター
カティア・アルファラ
海運王のアリストテレス・オナシスの没後、飛行機事故で急逝した息子アレクサンダーが相続するはずだった遺産を基に1975年にオナシス財団を設立。この巨大財団が2010年に開設したのが、複合文化施設のオナシス文化センター(Onassis Cultural Center)だ。演劇・舞踊部門の芸術監督を務め、毎年5月に開催されるファスト・フォワード・フェスティバル(Fast Forward Festival)のプログラミングを担当するカティア・アルファラに同センターとフェスティバルについて聞いた。
Play of the Month 今月の戯曲
今月の戯曲:前川知大『ゲゲゲの先生へ』
太平洋戦争従軍中に左腕を失いながら、復員後は妖怪をキャラクターにした漫画『ゲゲゲの鬼太郎』で一世を風靡した漫画家・水木しげる(1922〜2015年)。水木に多大な影響を受けた前川が、短編を原案に、戦争や貧困を原点にもつ水木作品の精神を戯曲化。子どもが生まれなくなった近未来の日本。半妖怪の根津が棲みついた田舎のあばら家に都会から若い男女が逃げてきて…。
今月の戯曲:岡田利規『NO THEATER』
ドイツ有数の公立劇場であるミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリーとして、ドイツ人俳優たちと創り上げた作品。能の上演形式に倣い、間狂言を挟み2本の現代能で構成されている。2017年2月にドイツで初演の後、18年7月には京都公演が行われた。舞台となるのは東京の地下鉄駅のホーム。そこにバブルの亡霊、フェミニズムの幽霊を登場させ、資本主義に飲み込まれた現代日本を照射する。
今月の戯曲:岩松了『薄い桃色のかたまり』
彩の国さいたま芸術劇場の高齢者劇団「さいたまゴールド・シアター」に書き下ろされた戯曲。舞台は、震災から数年、人の立ち入りが禁止されてイノシシが主人となった帰宅困難地域。避難指示が解除されて人々が戻ってくるが、震災で失われた線路の復旧を目指す老人たちの思いは届かず、『シェルブールの雨傘』よろしく恋人たちの思いはすれ違う…。
 
Arts Organization of the Month 今月の支援団体
今月の支援団体:ウジャドゥスキー城現代美術センター
1988年に開館したポーランド初の大規模な現代アートセンター。13世紀に建造され、幾度となく破壊された歴史を持つウジャドゥスキー城を再建して活用。1990年からアカデミア・ルフを率いるヴォイチェフ・クルコフスキ(Wojciech Krukowski)がディレクターに就任し、本格的なプログラムがスタート。2003年から年間約30名のアーティスト等を受け入れるレジデンス・プログラムを創設。
今月の支援団体:台北國際藝術村
台北市政府文化局によって2001年に設立されたアーティスト・イン・レジデンスのための複合施設。市政府による空き家活用事業の一環として、かつて台北市政府公共事業部が置かれていた建物を、13室のアトリエと住居スペースやダンススタジオ、音楽室などにリニューアル。2010年には、歴史的地区にある既存の建物を 住居兼アトリエなどに転用した新たな拠点Treasure Hill Artist Villageをオープン。
今月の支援団体:Performing Lines(オーストラリア)
前身は1982年に設立されたAustralian Content Division of the Australian Elizabethan Theatre Trust(AETT)。1990年にパフォーミングアーツを専門とする非営利団体「Performing Lines」として法人化。オーストラリアならではのパフォーミングアーツの育成とインディペンデントで活動するアーティストの擁護を活動理念とし、関係者のネットワークづくりとオーストラリアがもつ多様性を新たな視点で提出する他では実現困難な挑戦的な作品製作を行っている。
 
Topics
トピックス
Japan Topics
ANTIBODIES Collectiveが瀬戸内海の犬島で『エントロピーの楽園』を開催(2018年10月5日〜8日)   2018.9.14
「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018」開催(2018年10月6日〜28日)   2018.9.14
「ジャポニスム2018:響きあう魂」舞台公演ラインナップ発表   2018.4.16
Presenter Topics
フランスとベルギーの国境四都市でInternational Arts Festival NEXT 開幕(2018年11月8日〜12月1日)   New!(2018.11.21)
世界最大規模の舞台芸術見本市CINARSモントリオールで開催(2018年11月12日〜17日)   New!(2018.10.30)
News from the Japan Foundation
国際交流基金からのお知らせ
2018年度「海外派遣助成事業」(第1回公募)助成団体決定   2018.6.26
国際交流基金の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)北米」2018年度助成団体決定   2018.6.26
国際交流基金の助成プログラム「パフォーミング・アーツ・ジャパン(PAJ)欧州」2018年度助成団体決定   2018.6.26
フィリピンのアートシーンを紹介する英文Eブックシリーズ「ART ARCHIVE」刊行   2017.11.29
冊子『伝統のチカラ、芸能のカタチ 2016-2017』発行   2017.10.5
をちこちMagazine 最新号(特集066:世界に広がる日本語学習熱)   New!

TOP
JAPAN FOUNDATION