The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
罪と愛 罪と愛 罪と愛 罪と愛 罪と愛
小田尚稔の演劇『罪と愛』
(2020年11月19日〜23日/こまばアゴラ劇場)
撮影:小田尚稔
Data
[初演年]2020年
[上演時間]
[幕・場数]
[キャスト]
Japanese Drama Database
Contact
Play of the Month
2021.3.24
Sin and Love by Naotoshi Oda 
小田尚稔『罪と愛』 
 第65回岸田國士戯曲賞最終候補作。主に哲学・思想に関する文献を参照した創作をしている小田尚稔(1986年生まれ)がドストエフスキーの『罪と罰』を踏まえて貧困を生きる男たちを描いた私小説的な作品。小田を思わせる4人の男が主人公。脚本を書いている男を軸に、男たちの孤独な日常の断片が入れ替わり立ち替わり描かれる。
 無数の本がそこら中に積まれているアパートの一室。男1が机に向かい、パソコンで脚本を書いている。



大家に怒鳴りつけられている男2。滞納した家賃などを払わなければ月末までに出ていけと迫る大家に、男2は来月までには払うと土下座する。

アパートに棲みついた蜘蛛が、部屋と男1の生活について語る。

海浜公園付近。男3が自由の女神を爆破することを随分前から計画していると語る。

過去を回想する男4。当時一緒にいてくれた「彼女」を裏切ったことを後悔している。

男1は脚本を書くのをやめ、チラシの折り込み作業に出かける。



男2はサラ金で金を借りて競馬に全てを賭ける決意をしたと観客に向かって喧伝する。

男3は海浜公園で鳩にエサをやっている女と出会い、言葉を交わす。男3は自由の女神を爆破したと自慢するが、女は信じない。ふたりは一緒にその場を去る。

男1のアパートに鼠が出る。鼠は男のスパゲッティを食べてしまったお詫びに一曲演奏する。



競馬場。馬券が外れ、男2は競馬をやめる決意をする。

アパートに帰ってきた男3は、ベッドに倒れ込み寝てしまう。

男4はそれを見ながら、自由の女神が燃える夢の話をする。うなされて眠れないときは夜明けまで歩き回ると言う。立ち寄った新宿中央公園にも鼠が出るらしい。鼠が演奏をはじめる。

男1に郷里の母から電話がかかってくる。男1の仕事や生活を心配する母。男1が母の様子を尋ねると、髭面の成人男子のような高校球児が硬球で壁当てをしたせいで給湯器がボコボコだと嘆く。

高校野球のアナウンスとサイレントともに高校球児が登場し、ところ構わず壁当てをする。母は注意するが、高校球児は無視して壁当てを続ける。試合終了のサイレンが鳴り、球児は去る。男1はそれを母の幻覚だと思っている。通話を終え、男1は執筆の続きに戻る。



再び大家に怒鳴りつけられている男2。土下座で更なる猶予を乞い、アパートに鼠が出るせいで体調が悪く働くこともできないと訴えるが、大家はにべも無い。

お台場で出会った「彼女」のことを回想する男4。大家の住むタワーマンションを訪れた帰り、男4は海浜公園で休憩していたらしい。そこにスーツケースを引いた蜘蛛がやってくる。海に飛び込み溺れる男4とそれを助ける蜘蛛。

アパートで脚本を書いている男1。帰ってきた男2はバルサンを焚き、部屋を出る。煙に反応して出てきた鼠が演奏をはじめる。煙に驚いた男1は見当たらない蜘蛛を探して部屋を出る。鼠は絶命する。



机で脚本を書いている男1。

ベッドで寝ている男2は、大家からかかってきた電話に逆上する。男2は大家をベッドに押し倒し絞殺してしまう。蜘蛛が灯油を被り、「止めて」と絶叫する。

男1が必死に脚本を書き続けると、大家が起き上がり男2と仲良く出ていく。

芝浦の埋立地を歩く男3はガソリンを購入し、レインボーブリッジを徒歩で渡りはじめる。地面に落ちていた鳩の死体を見つけ、男3はその場につくばってしまう。



机に向かって脚本を書く男1。そこに蜘蛛が来て、妊娠したと言う。蜘蛛は男1に婚約者を紹介し、「今まで、どうもありがとう」と礼を述べて出ていく。

アルバイトの求人に応募した男2は、携帯電話に土下座をしながら必死な形相で面接の約束を取りつける。



海浜公園のベンチで眠る男3。女が鳩にエサをやっていると、複数の警察官が男3を取り囲む。女が刃物を取り出した男3の様子を語る。轟音の後、静寂。男3が起き上がり、女は男3が警官に撃たれたと語る。ふたりは去る。

男1がアパートに帰宅し、明日、公演にかかった費用を振り込むと口座の残高がほぼなくなると語る。うなだれているところに母から電話。帰ってくるかと問われ、「気が済むまでやってみたい」と返す。

男4は、彼女に「他に好きな人が出来た」「子どもも出来た」と何度目かの別れ話を切り出された日のことを回想する。殺意を覚えた男4は自由の女神の置物で彼女を殴りつけた挙句、絞殺。死体をスーツケースに詰め、風呂場に放置する。

男4はすべて妄想だと言う。しかし、蜘蛛はシャンプーに塗れて風呂場で絶命していた。

蜘蛛がブコウスキー『勝手に生きろ!』の一節を朗読する。「誰にだって愛は必要でしょ」。フェードアウト。

再び明かりがつくと、男1が机に向かって脚本を書いている。

プロフィール:
1986年生まれ。広島市出身。東京学芸大学大学院教育学研究科修士修了。2015年から創作活動をスタート。主な演劇作品は、『道徳形而上学の基礎づけ』(イマヌエル・カント著)、『それでも人生にイエスと言う』(V・E・フランクル著)という哲学書を題材に、東日本大震災が起こった2011年3月の東京での出来事と繋いだ『是でいいのだ』Es ist gut(2016年初演)、ローマ時代末期の哲学者であるアウグスティヌスの言葉を引用しながら5人の男女が抱えるささいな悪について描いた『悪について』About evil(2017年初演)、『罪と罰』(フョードル・ドストエフスキー著)を踏まえて貧乏について思索した私小説的な『罪と愛』(2020年初演)など。
 
TOP