Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
城崎国際アートセンター(KIAC)
data
城崎国際アートセンター(KIAC)

Address:
〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島1062
Tel. 0796-32-3888
info[at]kiac.jp
http://kiac.jp/
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2019.4.27
城崎国際アートセンター(KIAC) 
 城崎国際アートセンター(KIAC)は、2014年4月に兵庫県豊岡市の温泉街である城崎温泉にオープンした舞台芸術を中心としたアーティスト・イン・レジデンスの拠点。最大1,000人収容のホールを擁する宿泊型会議・研修施設である旧城崎大会議館をリノベーションし、ホール、6つのスタジオ、最大で22名まで宿泊できるレジデンスで構成される。豊岡市が直営し、劇作家・演出家の平田オリザが芸術監督を務める。最長3カ月まで無料で滞在できることから、演劇やダンスの新作クリエーション、国際共同制作のクリエーションのための貴重な拠点となっている。
 「アーティスト・レジデンス・プログラム」は、舞台芸術を中心とした同時代の芸術の創造に関わる活動(実現性が確保されていること)をしている国内外のアーティスト・団体を年1〜2回公募。選考委員により、「波及力」「国際性」「地域性」「革新性」「将来性」を基準に審査が行われ、年間約20組が滞在。滞在アーティストは最短3日間〜最長3カ月、KIACに滞在して24時間自由に活動でき、その間の宿泊料、ホール・スタジオ使用料は無料。滞在期間中に原則無料で試演会、公開稽古、ワークショップ、トークイベントなどの「地域交流プログラム」を実施し、城崎のまちの人々や観光客と芸術体験を通じた交流を行うことが条件となっている。
 また、KIACの方針と合致するレジデンス・プログラムについては、年間3本程度、制作費の一部を負担する自主事業として実施。これまで滞在アーティストと地元アーティストとのコラボによるツアー・パフォーマンスや庭劇団ぺニノが関西の俳優・スタッフとでリクリエーションした『笑顔の砦』など地域資源を生かした作品が選ばれている。
 「普及・人材育成プログラム」を定期的に開催。普及事業では、芸術活動を生活や社会の課題と結びつける体験として“介護”や“福祉”をテーマとした「KIACワークシップ・シリーズ」を市内の福祉施設等で行う他、誰もが参加できる音楽プログラムやコミュニティ・ダンスプログラムを実施。人材育成事業では、大学でアートマネージメントを専攻する学生等を対象にしたインターシップ・プログラムを行っている。
 その他、豊岡市内の様々な団体との連携し、当センターでのアーティストの活動が地域に浸透するような活動を行っている。
選考委員:平田オリザ(KIAC芸術監督)、佐藤範一(KIACアドバイザー)、木ノ下智恵子、相馬千秋、田口幹也(KIAC館長)、吉田雄一郎(KIACプログラム・ディレクター)
 
TOP