Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Contents
アート・フォー・ジャスティス・ファンド
data
アート・フォー・ジャスティス・ファンド
Art for Justice Fund


Address:
c/o Rockefeller Philanthropy Advisors
6 W 48th Street, 10th Floor
New York, NY 10036
info[at]artforjusticefund.org
https://artforjusticefund.org/
Arts Organization of the Month今月の支援団体
2019.10.28
アート・フォー・ジャスティス・ファンド 
 アメリカにおける刑務所への大量投獄問題に取り組むため、服役を終えた人への教育機会の提供・就労機会の確保を支援する個人と擁護団体を対象にした助成基金。慈善家で、アートコレクターとして知られるアグネス・ガント(Agnes Gunt)が所蔵作品を売却した資金を元に2017年に設立。他のアートコレクターにも作品売却による支援を呼びかけ、5年間で1億ドル以上の助成を目標とする。助成プログラムは、フォード財団とロックフェラー・フィランソロピー・アドバイザーズの共同で企画・運営され、2019年現在、60件以上の事業を対象に総額3,200万ドルを助成。
 助成活動を通した具体的な目標として、大量投獄の問題を抱える10〜15州の刑務所における収容率を2022年までに20%削減することを掲げている。また、目標達成に向けた戦略として、大量投獄における人権的問題を可視化すること、大量投獄と人種差別の関係についての一般的な理解を促進すること、刑事司法制度の改善を働きかける市民層の形成を重視している。
 一般公募は行わず、助成する事業は運営委員会によって指名された主要団体や先駆的事業からのプロポーザルを審査して決定している。
 現在の助成プログラムは次の4つ。
◎Keeping People Out of Jail and Prison(刑務所の外に人々を引き止める)
 保釈制度の改革、検察の説明責任の追求、青少年を対象とするアートを通した再犯防止プログラムを支援するための基金
◎Shortening Sentences(刑期の短縮)
 過度の禁錮期間と収監法の改革および廃止に向けた活動を支援するための基金
◎Promoting Reentry(復帰の促進)
 過去に収容経験のある人とその家族の社会復帰支援プログラムのための基金
◎Changing Narratives Through Art(アートを通した新たな物語づくり)
 刑事司法制度における不正を証言し、不正の被害者の人権を訴えるアーティストの活動に対する基金
 
TOP