The Japan Foundation
Performing Arts Network Japan
Artist Database
岩崎 正裕
Born: 1963
Function: 演出家 劇作家
Company: 劇団太陽族


Profile:
関西小劇場演劇界の旗手のひとり。1982年に、大阪芸術大学舞台芸術学科の学生で「劇団大阪太陽族」を結成し、演劇活動を始める。1990年に199Q 太陽族と改名、2001年から現在名で活動。1995年に日本を震撼させた宗教団体オウム真理教事件を題材にした岩崎作・演出による『ここからは遠い国』を発表し、OMS戯曲賞を獲得。社会で起こる事件や現象をモチーフに、現代人のもつ閉塞感とわい雑な人間関係を描いた作品で定評がある。特に、幻想と現実、時間と空間が行き来する舞台ならではの非日常的な演出スタイルにファンが多い。高校生などを対象にした劇作や演出のワークショップ指導者としても活躍し、北九州芸術劇場、長崎ブリックホールなど全国の公立ホールで市民参加劇を発表している。2008年から伊丹アイホール・シアター・ディレクターに就任。
http://www.ne.jp/asahi/gekidan/taiyozoku/







©劇団太陽族
ここからは遠い国
1996
ある教団に理想を求めた義正は、現実は理想には化けないという事実に直面し、教団から逃げ出したものの、実家のガレージでトラックに寝泊まり、未だ跡取りとしての望みを捨てない父とは顔を合わせれば対立ばかり。そんな空気に気をもむ長女と次女。事件を起こした教団の信徒たちを調査しに公安がやってくる。行き場のないまま苦悩を続ける義正の姿と、回想と妄想、現実の出来事が混じり合いながら進行する。

初演年:1996年
幕/場数:1幕
キャスト:11人(男5・女6)
初演カンパニー名:199Q太陽族
[外国語台本]英語:劇団太陽族



©劇団太陽族
越境する蝸牛
2007
時は2027年、国民投票を経て自衛隊は自衛軍と改称。朝鮮半島へ米軍とともに派兵されている。大阪の小さなコリアン食堂「白頭山」では、体制思想の家庭教師の子を身ごもった娘や、婚約者の警官を連れてくる妹、在日コリアンの鬱積した思いを語る当主正哲(ジョンチョル)など、家族の抱えるさまざまな思惑が交錯し、それがそのまま日本全体の政情の縮図とダブルイメージになって展開する企みに満ちた家庭劇。

初演年:2007年
幕/場数:1幕6場
キャスト:13人(男5・女8)
初演カンパニー名:劇団太陽族


TOP